第67回瀧廉太郎記念全日本高等学校声楽コンクール 第1位
熊本市立必由館高等学校 野田桜子さん
この音楽祭について
瀧廉太郎記念音楽祭は瀧廉太郎を顕彰し昭和22年に創設されました。その後毎年開催されていますが、音楽祭のメインとなる高等学校声楽コンクールを通じて、バリトン歌手故・立川清登さん、日本を代表するカウンターテナー米良美一さん、平成10年チャイコフスキー国際コンクールで第1位となった佐藤美枝子さんほか、これまで数多くの音楽家が世界へと翔いています。 私たちの目は九州の小さなまちから世界に向けられています。そして世界の目が、このまちと皆さんに向けられるコンクールをめざして、皆さんとともに夢の実現のために歩んでいきたいと思います。
コンクールの歴史
平成4年に、それまでの「西部日本高校独唱コンクール」から「全日本高等学校声楽コンクール」へ、全国規模の大会となり、平成17年にコンクール名を「瀧廉太郎記念全日本高等学校声楽コンクール」としました。今年は昭和22年開設以来、67回を数える歴史のある大会です。
歴代最優秀賞受賞者
コンクールの日程
第67回瀧廉太郎記念全日本 高等学校声楽コンクール
■ 2013年(平成25年)10月18日(金)
■ 開会式、レセプション
■ 10月19日(土)予 選
■ 10月20日(日)本 選

コンクールの歴史
地図・小
昨年より、会場が変更となりました。ご確認ください。

コンクール出場規定

出場申込み書をダウンロードするには、AdobeReaderが必要です。
出場資格 (1)日本国内の高等学校に在学中の生徒で、各都道府県教育委員会または同高等学校文化連盟・同高等学校音楽教育 研究会の推薦を受けた者とする。

(2)各都道府県1名(北海道・東京都・大分県は2名)とするが、竹田市及び竹田市と音楽姉妹都市の宮城県仙台市、長野県中野市については別に1名を認める。

(3)県単独の選考方法がない場合については、学校推薦を受けた者とする。申込の際に課題曲・自由曲を録音したテープ(CD、MD)を併せて提出すること。ただし、ひとつの都道府県に2校 以上の学校推薦による申込みがあった場合、選考会を行う。
選 曲 等 (1)予選・本選ともに自由曲・課題曲各1曲とし、課題曲は瀧廉太郎作曲「荒磯」「荒城の月」「納涼」及び山田耕筰編曲の「秋の月」から1曲とする。ただし「荒城の月」は山田耕筰編曲で、1番から4番までの歌詞のうち、希望する歌詞を二番選択する。
(2)課題曲・自由曲の順で歌うこととする。
(3)課題曲・自由曲ともに、予選と本選の曲は同一曲とする。
(4)移調を認める。(ただし、オペラ・アリアは原調とする)
(5)審査基準の中に時間は特に設けないが、自由曲・課題曲合わせて7分程度とする。
(6)伴奏者は、高校生に限定しない。
(7)出場申込後に曲目の変更は認めない。
審 査 員 【審査員】
伊藤 京子(国立音楽大学名誉教授、日本演奏連盟理事長)
三林 輝夫(東京藝術大学名誉教授)
蔵田裕行(京都市立芸術大学名誉教授)
伊原 直子(東京藝術大学名誉教授)
渡部 千枝(金城学院大学講師)
表  彰 1位/
文部科学大臣賞はじめ、主催、後援者の賞状・楯を贈る。瀧廉太郎賞としてウィーン短期留学助成金 (60万円)を贈る。留学有効期間は表彰式より1年以内とする。また留学しない場合は支給しない。

2位/
主催、後援者の賞状・楯を贈る。瀧廉太郎賞としてウィーン短期留学助成金(40万円)を贈る。留学有効期間は表彰式より1年以内とする。また留学しない場合は支給しない。

3位/
主催、後援者の賞状・楯を贈る。瀧廉太郎賞として10万円相当の図書カードを贈る。優秀賞/主催、後援者の賞状・楯を贈る。

優良賞/主催、後援者の賞状・楯を贈る。 出場者・伴奏者全員に記念メダルを贈る。
申 込 先 出場申込書を下記へ郵送のこと。(※事務局移転により申込先が変更になりましたのでご注意ください。
住所:〒878−8555 大分県竹田市大字会々1650番地 竹田市生涯学習課内
瀧廉太郎記念全日本高等学校声楽コンクール事務局
問い合わせ先:TEL 0974-63-4817 FAX 0974-63-2373
e-mail:syougai@city.taketa.lg.jp
ホームページからも申請書をダウンロードすることが出来ます。:http://www.city.taketa.oita.jp/takiconcours/
申込期限 平成25年9月24日(火)(事務局必着)
(学校推薦者の申込期限は、平成25年7月31日(水)事務局必着とする)
交 通 費 (1)交通費は、地区により規定で補助をする。
◇出場者交通費補助規定
@該当者は独唱者、伴奏者、引率者で1校3名まで
(2)航空機利用者は、2ヶ月前から航空券の発売が開始されますので、早割チケットの購入をお勧めします。
都 道 府 県 名 助 成 額
北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県 1名2万円
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、 静岡県、愛知県、三重県、沖縄県 1名1万円
宿 泊 (1)宿泊費は、独唱者・伴奏者各1名の2泊(夕・朝食込み)までを主催者で負担する。
(2)宿泊場所は主催者が準備・指定する。
その他 @出場者の練習会場は主催者で用意する。
主 催 竹田市・竹田市教育委員会・大分県教育委員会・瀧廉太郎記念音楽祭実行委員会
後 援 文部科学省・大分県・ライプツィヒ市・公益社団法人 全国高等学校文化連盟・公益社団法人 ツーリズムおおいた・毎日新聞社・読売新聞西部本社・西日本新聞社・朝日新聞社・大分合同新聞社・NHK大分放送局・OBS大分放送・TOSテレビ大分・OAB大分朝日放送・エフエム大分・ANA全日空・竹田商工会議所・竹田ロータリークラブ・竹田ライオンズクラブ・瀧廉太郎会・竹田市観光ツーリズム協会・竹田市文化連盟・大分県芸術文化振興会議(平成25年4月1日現在)