好きです竹田、未来に向かって
竹田市トップ ページトップ What's new? 事業の概要 記念行事一覧 竹田市年譜 懐かし写真館 竹田市と人 歴代市三役 歴代議長
 
 
竹田市に縁の方々


竹田名誉市民は、市制施行以来、郷土の福祉や文化の向上などに貢献された、郷土が誇る方々です。竹田市民、また竹田と縁が深く、郷土の福祉の向上、文化の発展に偉大な功績を残した人々に竹田市民名誉市民の称号を送り、顕彰しています。
 
朝倉 文夫(1883〜1964)
彫刻界において最高の栄誉とされる文化勲章を受章し、別名「東洋のロダン」と呼ばれる。

名誉市民第1号。
大野善久 (1898〜1973)
養命酒本舗会長、丸元産業社長など産業界で活躍。郷土の教育文化や福祉に多額の浄財を援助。

名誉市民第2号。
朝倉 毎人 (1882〜1971)
富士紡績から明和紡績の社長を務め、本市の彫刻のまちづくりに格段の熱意を寄せる。

名誉市民第3号。
里見 雄二 (1890〜1982)
パーカライジングの初代社長。郷里の後輩の教育文化、就職に情熱を注ぎ、里見奨学基金を設立する。

名誉市民第4号。
草刈 樵谷 (1892〜1993)
画聖・田能村竹田の南画精神を継承する画家。齢百を越えても創作意欲は衰えず、竹田市の芸術文化の向上に大きな功績を残す。

名誉市民第5号。
宮崎 貞光 (1907〜1993)
旭商会を経営、実業家としての地位を築く。市立図書館や竹田文化会館などに私財を寄贈し、市民の文化生活向上に尽くす。

名誉市民第6号。
北村 清士 (1887〜1980)
長年教育界に身を置き、戦後帰郷。市立図書館に勤務しながら郷土史の研鑚に努める。博識と鋭い考察により著した出版物は126冊に及ぶ。
名誉市民第7号。
中川 久定 (193l〜)
フランス文学者として長年教育界で活躍。旧岡藩主中川家に関する貴重な文化遺産を竹田市に多数寄贈し、市の教育文化の振興に尽力された。
名誉市民第8号。


全国にも名を轟かせた偉人が、数多くこの竹田市から誕生しました。
三世山本東次郎則重 (1898〜1964)

人間国宝となった重要無形文化財大蔵流狂言師。狂首の大衆化に尽力、和泉流野村万蔵との異流競演においてその名を深く刻む。
佐藤義美 (1905〜1968)

「いぬのおまわりさん」や「グッド・パイ」「アイスクリームのうた」で知られる童謡作家。子どもたちのために作った童謡は3000編に及ぶ。
田能村竹田 (1777〜1835)

日本南画の最高峰。博学多才で、和歌・華道・茶道・香道にも才を表す。学者としても唐橋君山を助け、豊後国史を完成させた。
小河一敏 (1822〜1886)

幕末のころ、藩内勤皇党の先鋭として肥薩長の志士と交流し、倒幕を画策。維新後には堺県知事として活躍。
黒川文哲 (1848〜1916)

藩医の嗣子。町、郡議会議員、県議会副議長を務めるとともに、竹田中学校や竹田駅、黒川文庫(市立図書館の前身)の設立に尽力。
広瀬武夫 (1868〜1904)

旅順港閉塞で壮絶な戦死を遂げた“軍神"。数々の武勇伝があるが、その1方で漢詩にすぐれた文人としての一面も合わせ持つ。
瀧廉太郎 (1879〜1903)

明治期兼高の作曲家の1人。父の転勤で竹田に赴き、多感な少年期をこの地で過ごす。岡城をモチーフとした「荒城の月」は誉れも高い名曲。
 

大分県竹田市役所・企画課
TEL:0974-63-1111(内線222)