保育所

お住まいのかたや、これからお住まいになるかたに役立つ情報をご案内しています。

保育所

平成27年度から「子ども・子育て支援新制度」が、はじまりました

平成24年8月に成立した「子ども・子育て関連3法」(※1)に基づき、平成27年4月から「子ども・子育て支援新制度」が施行されました。
新制度では、幼児期の学校教育・保育や地域の子ども・子育て支援の「量の拡充」や「質の向上」を進めていきます。
竹田市においても、認定こども園、幼稚園、保育所(園)などの計画的な施設整備や子ども・子育て支援事業の充実に向け取り組んでいきます。

※1 @子ども・子育て支援法 A認定こども園法の一部改正法 B関係法律の整備等に関する法律
        この3つの法律を総称して「子ども・子育て関連3法」と呼んでいます。

利用手続き

入園・入所 教育・保育の必要性に応じた認定申請及び利用申込が必要です。
施設利用   支給認定のための現況届が必要です。

(1)認定申請

*認定申請を行うことで3つの区分に分けられます。

認定区分 年齢等 利用できる施設
1号認定(教育標準時間認定) 満3歳以上の子ども 幼稚園・認定こども園(※2)
2号認定(保育認定) 満3歳以上の子ども
保育を必要とする子ども
保育所・認定こども園
3号認定(保育認定) 満3歳未満の子ども
保育を必要とする子ども
保育所・認定こども園
地域型保育(※3)

※2・※3 認定こども園・地域型保育については、現在竹田市にはありませんが、今後計画に基づき整備していく予定です。

「2号・3号認定」を受ける人は…?

★保育を必要とする事由のいずれかに該当することが必要です

就労(フルタイムのほか、パートタイム、自営業など)
妊娠・出産
保護者の疾病・障がい
同居又は長期入院している親族の介護・看護
災害復旧
求職活動
就学(起業準備を含む)
虐待や夫婦間暴力などのおそれがあること
育児休業取得中に、すでに保育を利用している
子どもがいて継続利用が必要であること
その他上記に類する状態として市町村が認める場合

★保育時間が保護者の就労時間によって2つに区分されるようになります。

区分 就労時間 保育時間
保育標準時間 月120時間以上 最長11時間(*)
保育短時間 月64時間以上
120時間未満
最長8時間(*)

*保育時間の設定は、各施設によって異なります。

(2)利用手続きの流れ

1号認定を受けて利用する施設(公立幼稚園・認定こども園)

●すでに施設を利用している場合

●今後新たに施設を利用する場合

2号認定・3号認定を受けて利用する施設(保育所・認定こども園・地域型保育)

●すでに施設を利用している場合

●今後新たに施設を利用する場合

保育所等の利用者負担額

保育所・認定こども園

竹田市内には、次の施設があります。

認可保育所(園)・認定こども園

公立 竹田保育所 竹田市大字会々1637番地8
TEL:0974-63-1080
白丹保育所 竹田市久住町大字白丹4676番地
TEL:0974-76-0051
公民 都野保育所 竹田市久住町大字栢木6131-1
TEL:0974-77-2201
久住保育所 竹田市久住町大字久住6509番地
TEL:0974-76-0057
私立 小羊保育園 竹田市大字竹田2625-2
TEL:0974-63-2345
玉来保育園 竹田市大字玉来974番地
TEL:0974-63-0378
荻保育園 竹田市荻町馬場452番地
TEL:0974-68-2101
なおいり保育園 竹田市直入町大字長湯8195番地28
TEL:0974-75-2380

※公民(公設民営)とは、市が施設を設置し、その運営を民間の団体に委託することです。

認可保育所の申込みについて

4月からの利用  毎年12月中旬〜1月中旬まで(市報等でお知らせします。)
途中からの利用  随時(ただし、定員を超過する場合利用できないことがあります。)

竹田市内の幼稚園・保育所(園)・認定こども園のお問い合わせ先

公立幼稚園 教育委員会    п@0974-63-4833
私立幼稚園 しらゆり幼稚園  п@0974-63-2223
認可保育所(園)・認定こども園 社会福祉課    п@0974-63-4811
認可外保育園 あさひヶ丘保育園 п@0974-63-3610
お問い合わせ先

社会福祉課子育て支援係・各支所地域振興課

 

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

役に立った  どちらともいえない  役に立たなかった

質問:このページは見つけやすかったですか?

見つけやすかった  どちらともいえない  見つけにくかった

質問:このページの内容は参考になりましたか?

参考になった   どちらともいえない  参考にならなかった

ページの先頭に戻る