予防接種

お住まいのかたや、これからお住まいになるかたに役立つ情報をご案内しています。

母子保健

乳幼児(各種健診等)

内 容 対象者 実施場所 実施回数分 通知・備考
乳幼児訪問 乳幼児 家庭訪問   保健師が訪問し、お子さんの発育状況をお母さんと一緒に確認して、産後の不安や疑問におこたえします。
乳児一般健康診査 前期3〜6か月児・後期9〜12か月児 医療機関 前期・後期各1回 母子健康手帳交付時に受診券を交付。注)転入前の住所地で交付を受けた方は、転入後竹田市の受診券の交付が必要です。
☆もぐもぐ教室
(離乳食教室)
5〜6か月児 竹田市総合社会福祉センター 年6回 離乳食の進め方を管理栄養士がアドバイス。親子で楽しく試食しながら味付けや固さを確認します。(市立図書館のスタッフによる絵本の読み聞かせと絵本のプレゼントもあります。)
☆9か月・10か月児健康診査 8〜10か月児 竹田市総合社会福祉センター 年6回 お子さんの成長・発達を確認するための節目の健診です。詳しくは乳児訪問の際にご案内します。絵本の読み聞かせや離乳食の試食などもありますので受診してください。
☆1歳6か月児健康診査☆ 1歳5か月〜1歳7か月 竹田市総合社会福祉センター 年6回 お子さんの成長・発達を確認するための節目の健診です。対象のお子さんには個別に通知しますので、必ず受診してください。
☆3歳児健康診査☆ 3歳5か月〜3歳7か月 竹田市総合社会福祉センター 年6回 お子さんの成長・発達を確認するための節目の健診です。対象のお子さんには個別に通知しますので、必ず受診してください。
☆5歳児健康診査☆ 4歳10か月〜5歳 竹田市総合社会福祉センター 年6回 就学前の最後の健診になります。個別に通知しますので、必ず受診してください。

☆:対象者に個別通知でご案内します。


平成29年度 離乳食教室・乳児健診ごよみ

平成29年度 幼児健診ごよみ

サークル活動について

サークル名 対象者 実施場所 実施日・時間 活動内容
たんぽぽ
の会
子育て中の
保護者
荻児童館 月1回
午前10時〜12時
親子遊び・工作・研修会など
それぞれ楽しい活動を行っています。
やんちゃクラブ 子育て中の
保護者
久住公民館 保健指導室 月1回(第2水)
午前10時〜11時30分
親子遊び・工作・研修会など
それぞれ楽しい活動を行っています。
すこやかクラブ 子育て中の
保護者
直入保健福祉センター 不定期開催 親子遊び・工作・研修会など
それぞれ楽しい活動を行っています。
外国人妻
の会
竹田市に在住の
外国人妻の方
竹田市総合社会福祉センター 月1回 会員同士の交流と親睦を深めるための活動を行っています。
ひだまり
の会
障がい児をもつ
保護者
竹田市総合社会福祉センター 2か月に1回 フリートーク・交流会・普及活動などを行っています。

子ども医療費助成事業

子どもの医療費を助成しています。通院・入院及び食事療養費(中学生まで)を助成します。
詳しくは、保険健康課にお問い合わせください。

予防接種

こどもの予防接種は、下記の内容で実施します。

●お子さんを感染症から守り、地域での感染症まん延防止のため、予防接種を受けましょう。
●定期予防接種は、接種対象期間や接種間隔が定められています。対象期間や接種間隔を守って早めに接種しましょう。
●母子健康手帳、健康保険証等年齢・住所等確認できるものを病院へ持参してください。

【定期予防接種】

予防接種関係法令によって対象疾病や対象者(接種期間)、接種間隔が定められた予防接種で、その定められた範囲内であれば無料で接種を行うことができます。また、接種により万が一健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく健康被害救済制度の対象となります。

【任意予防接種】

予防接種法によって定められた対象疾病以外の予防接種、あるいは予防接種法に定められた対象疾病であっても、定められた接種期間・接種間隔以外で行われる予防接種は、予防接種法に基づかない接種(「任意接種」)になります。接種費用については全額自己負担となります。接種により万が一健康被害が生じた場合には、独立行政法人医薬品医療機器総合機構法に基づく救済制度の対象となります。

【行政措置予防接種】

任意接種の中でも、別に竹田市が指定したものについては「竹田市が実施する行政措置としての予防接種」として、竹田市内協力医療機関で、無料で接種を行うことができます。この場合、接種により万が一健康被害が生じた場合には、独立行政法人医薬品医療機器総合機構法に基づく救済制度と全国市長会予防接種事故賠償補償保険の対象となります。


予防接種を受けに行く前に

1.個人で事前に医療機関に電話予約し、医療機関で接種します。

2.市内の医療機関で接種できない方は、県内の一部医療機関でも同様に接種できます。
※県外の医療機関で定期接種を希望する場合は、事前に市への申請が必要になります。またその場合の接種費用は病院窓口で一旦お支払いただき、後日、市に申請していただくことにより、市が定める接種費用を上限として保護者あてに還付します。

3.体調の良いときに受けることが原則です。
  平熱を把握しておくなど、お子さんの普段の体調を知っておきましょう。

4.接種当日の朝は体温を測り、体調が優れない場合は予約をしていても次の機会に接種しましょう。

5.母子健康手帳と健康保険証を忘れずにお持ちください。

6.接種の際は、日頃のお子さんの様子をよく知っている保護者の方が付き添いましょう。

接種後の注意事項

1.ワクチン接種によるひどいアナフィラキシー反応は、ワクチン接種後30分以内に起こることが多いの
  で、接種後30分程度は、病院内でお子さんの様子を観察するか、医師とすぐに連絡がとれるように
  する。

2.接種後、不活化ワクチンでは1週間、生ワクチンでは4週間は副反応の出現に注意し、お子さんの
  体調の変化を観察しましょう。

3.激しい運動は避けましょう。

4.接種当日の入浴は差し支えありませんが、接種部位を強くこすることはやめましょう。

5.心配な症状が現れたときは、接種した医師の診察を受けてください。。

年齢・接種間隔の数え方(例)

接種年齢 生後3月から
生後90月に至るまでの間
生後3月目の誕生日の前日から
生後90月目の誕生日の前日まで
11歳以上13歳未満 11歳の誕生日の前日から
13歳の誕生日の前日まで
生後7月に至った日の翌日から
生後12月に至るまでの間
生後7月目の誕生日当日から
生後12月目(1歳)の誕生日の前日まで
接種間隔 6日以上の間隔をおいて 火曜日接種の場合→翌週の火曜日
(接種翌日を1日目とし、6日目の翌日)から接種可能
6月以上の間隔をおいて 1月3日接種の場合→6月後の前回接種と同じ日
(7月3日)から接種可能

長期にわたる病気等のため、定期接種の対象年齢を過ぎてしまった場合

免疫の機能に支障を生じさせる病気や免疫の機能を抑制する治療を必要とする病気などにかかり、定期接種の対象年齢内で接種を受けることができなかった方について、特別な措置として定期接種として予防接種を受けられる場合があります。詳しくは保険健康課にお問い合わせください。

予防接種法による定期予防接種一覧

4種混合 小児B型肝炎 2種混合
日本脳炎 水痘 ヒブ
ポリオ 麻しん・風しん混合 BCG
小児用肺炎球菌 子宮頸がん予防
高齢者インフルエンザ※ 高齢者肺炎球菌※

※一部自己負担あり

竹田市独自の行政措置予防接種一覧

流行性耳下腺炎 ロタ

予防接種法による定期予防接種

4種混合ワクチン(百日せき・ジフテリア・破傷風・不活化ポリオ)
対象者 区分 接種回数 接種間隔 標準的な接種時期・接種間隔
生後3月から生後90月に至るまでの間にある方 初回 3回 20日以上の間隔をおいて 生後3月から生後12月までの間に、20日から56日の間隔をおいて3回接種
追加 1回 初回(3回)終了後、6月以上の間隔をおいて 初回(3回)終了後、12月から18月の間隔をおいて1回接種
2種混合ワクチン(ジフテリア・破傷風)
対象者 区分 接種回数 接種間隔 標準的な接種時期・接種間隔
11歳以上13歳未満の方 1回 11歳から12歳までの間に1回
麻しん・風しん混合(MR)ワクチン
対象者 区分 接種回数 接種間隔 標準的な接種時期・接種間隔
生後12月から生後24月に至るまでの間にある方 1期 1回
5歳以上7歳未満の者で、小学校就学前の1年間の間にある方 2期 1回 小学校就学前の1年間の間にある方
BCG(結核)
対象者 区分 接種回数 接種間隔 標準的な接種時期・接種間隔
1歳に至るまでの間にある方 1回 生後5月から生後8月までの間に1回
日本脳炎
対象者 区分 接種回数 接種間隔 標準的な接種時期・接種間隔
生後6月から生後90月に至るまでの間にある方 1期初回 2回 6日以上の間隔をおいて 3歳から4歳までの間に、6日から28日の間隔をおいて2回接種
1期追加 1回 1期初回(2回)終了後、6月以上の間隔をおいて 4歳から5歳までの間に、1期初回(2回)終了後おおむね1年の間隔をおいて1回接種
9歳の誕生日の前日から13歳の誕生日の前日までの間にある方 2期 1回 9歳から10歳までの間に、1回接種
■特例・・平成7年4月2日から平成19年4月1日生まれの方は、20歳未満の間、いつでも定期予防接種を受けることができることになりました。(平成23年5月20日から)
接種を受けた回数 これから受ける回数と接種方法
1期 2期
(1期の3回分が接種済で9歳以上)
0回 まったく受けていない 3回 ・1期初回接種として、6日以上の間隔をおいて2回接種
・追加接種として、初回接種終了後おおむね1年の間隔をおいて1回
1回 1期接種終了後6日以上の間隔をおいて
※対象年齢の内に、1期接種終了後、おおむね5年の間隔をおいて接種するのが望ましい。
1回 1期初回の1回目済 2回 6日以上の間隔で2回 1回 1期接種終了後6日以上の間隔をおいて
2回 1期初回の1回目・2回目済 1回 前回接種後、6日以上の間隔をおいて
3回 1期(初回の2回・追加)済 0回 1期所定の3回が済んでいますので1期の接種は不要です。
水 痘
対象者 区分 接種回数 接種間隔 標準的な接種時期・接種間隔
生後12月から生後36月に至るまでの間にある方 2回 3月以上の間隔をおいて 生後12月から生後15月までの間に1回目を接種し、6月から12月の間隔をおいて2回目を接種
ヒブワクチン

接種開始の時期によって接種間隔・接種回数が異なります。

@生後2月から生後7月に至るまでの間に接種開始した場合

対象者 区分 接種回数 接種間隔 標準的な接種時期・接種間隔
生後2月から生後60月に至るまでの間にある方 初回 3回 生後12月に至るまでの間に、27日(医師が必要と認めるときは20日)以上の間隔をおいて
※2回目及び3回目の接種は生後12月までの間に行うこととし、それを超えた場合は接種を行わない(追加接種は可能)
27日(医師が必要と認めるときは20日)から56日の間隔をおいて3回接種
追加 1回 初回終了後、7月以上の間隔をおいて
※生後12月までの間に、3回の初回接種を完了せずに、生後12月以降に追加接種を行う場合は、初回終了後27日(医師が必要と認めるときは20日)以上の間隔をおいて1回接種
初回終了後、7月から13月の間隔をおいて1回接種

A生後7月に至った日の翌日から生後12月までの間に接種開始した場合

対象者 区分 接種回数 接種間隔 標準的な接種時期・接種間隔
生後2月から生後60月に至るまでの間にある方 初回 2回 生後12月に至るまでの間に、27日(医師が必要と認めるときは20日)以上の間隔をおいて
※2回目の接種は生後12月までの間に行うこととし、それを超えた場合は接種を行わない(追加接種は可能)
27日(医師が必要と認めるときは20日)から56日の間隔をおいて2回接種
追加 1回 初回終了後、7月以上の間隔をおいて
※生後12月までの間に、2回の初回接種を完了せずに、生後12月以降に追加接種を行う場合は、初回終了後27日(医師が必要と認めるときは20日)以上の間隔をおいて1回接種
初回終了後、7月から13月の間隔をおいて1回接種

B生後12月に至った日の翌日から生後60月に至るまでの間に接種開始した場合

1回接種

小児用肺炎球菌

接種開始の時期によって接種間隔・接種回数が異なります。

@生後2月から生後7月に至るまでの間に接種開始した場合

対象者 区分 接種回数 接種間隔 標準的な接種時期・接種間隔
生後2月から生後60月に至るまでの間にある方 初回 3回 生後24月に至るまでの間に、27日以上の間隔をおいて
※1歳の誕生日以降に2回目の接種を行った場合、3回目の接種は行わない(追加接種は可能)
※2回目及び3回目の接種は2歳の誕生日の前日までの間に行うこととし、それを超えた場合は接種を行わない(追加接種は可能)
生後12月までの間に27日以上の間隔をおいて3回接種
追加 1回 初回終了後、60日以上の間隔をおいて、生後12月に至った日以降 生後12月から生後15月までの間に、初回終了後60日以上の間隔をおいて1回接種

A生後7月に至った日の翌日から生後12月までの間に接種開始した場合

対象者 区分 接種回数 接種間隔 標準的な接種時期・接種間隔
生後2月から生後60月に至るまでの間にある方 初回 2回 生後24月に至るまでの間に、27日以上の間隔をおいて
※2回目の接種は2歳の誕生日の前日までの間に行うこととし、それを超えた場合は接種を行わない(追加接種は可能)
生後12月までの間に、27日以上の間隔をおいて2回接種
追加 1回 初回終了後、60日以上の間隔をおいて、生後12月に至った日以降 初回終了後、60日以上の間隔をおいて、生後12月に至った日以降に1回接種

B生後12月に至った日の翌日から生後24月に至るまでの間に接種開始した場合

60日以上の間隔をおいて、2回接種

C生後24月に至った日の翌日から生後60月に至るまでの間に接種開始した場合

1回接種

小児B型肝炎
対象者 区分 接種回数 接種間隔 標準的な接種時期・接種間隔
生後12月に至るまでの間にある方 3回 27日以上の間隔をおいて2回接種。さらに1回目の接種から139日以上の間隔をおいて1回接種する。 生後2月から生後9月に至るまでの期間に3回

平成28年9月30日までに出生した方で、まだ、接種が終わっていない方は医療機関にご相談ください。

子宮頸がん予防ワクチン

≪注意事項≫ 現在、子宮頸がん予防ワクチンの接種を積極的にはお勧めしていません。接種を希望する場合は、その有効性と接種による副反応が起こるリスクを十分に理解した上で接種を行って下さい。

対象者 区分 接種回数 接種間隔 標準的な接種時期・接種間隔
12歳となる日の属する年度の初日から16歳となる日の属する年度の末日までの間にある女性(小学6年生から高校1年生の女性) 3回 【2価】1回目の接種から1月以上の間隔をおいて2回目を接種した後、1回目の接種から5月以上、かつ2回目の接種から2月半以上の間隔をおいて3回目を接種

【4価】1回目の接種から1月以上の間隔をおいて2回目を接種した後、2回目の接種から3月以上の間隔をおいて3回目を接種
中学1年生の間

サーバリックス(2価ワクチン)またはガーダシル(4価ワクチン)のどちらか一方を選び、同じワクチンを3回続けて接種します。2回目以降に1回目と違うワクチンを接種した場合は予防接種法に基づく定期接種として取り扱われません。

行政措置予防接種

竹田市に住所がある方が対象です。市内協力医療機関で接種できます。

流行性耳下腺炎(おたふく)
対象者 区分 接種回数 接種間隔 標準的な接種時期・接種間隔
生後12月から生後36月に至るまでの間にある方 1回
ロタウイルス

平成27年度から平成27年4月1日以降に生まれた方を対象に行政措置予防接種になりました。

対象者 区分 接種回数 接種間隔 標準的な接種時期・接種間隔
【1価ロタウイルスワクチン】
生後6週から生後24週まで
2回 2回目の接種については、1回目の接種日から4週間以上あけて接種 初回接種は生後8週から生後14週に開始
【5価ロタウイルスワクチン】
生後6週から生後32週まで
3回 2回目及び3回目の接種については、前回の接種日から4週間以上あけて接種

異なる種類のワクチンを接種する場合の間隔

1.不活化ワクチンを接種した場合

不活化ワクチンを接種した日の翌日から数えて6日以上の間隔をあける。

(例:月曜日に接種した場合、1週間後の月曜日から異なるワクチン接種可能)

2.生ワクチンを接種した場合

生ワクチンを接種した日の翌日から数えて27日以上の間隔をあける。

 (例:月曜日に接種した場合、4週間後の月曜日から異なるワクチンを接種可能)

お問い合わせ先

保険健康課・各支所地域振興課

 

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

役に立った  どちらともいえない  役に立たなかった

質問:このページは見つけやすかったですか?

見つけやすかった  どちらともいえない  見つけにくかった

質問:このページの内容は参考になりましたか?

参考になった   どちらともいえない  参考にならなかった

ページの先頭に戻る