犬の注射

お住まいのかたや、これからお住まいになるかたに役立つ情報をご案内しています。

犬の注射

飼い犬の登録について

飼い犬の登録

犬の登録は生涯に一回となっています。生後91日以上の犬を飼い始める方は、飼い始めてから30日以内に登録を申請してください。

狂犬病予防注射

狂犬病予防注射は、毎年一回接種してください。

死亡届・変更届

登録を受けた犬が死亡してしまったときや、犬の所在地・所有者の住所などの変更、所有者を変更した場合の届出が法によって義務付けられています。犬の登録が生涯一回になった今、犬が飼われている状況を的確につかむため、飼い主の方は、これらの届出を必ず行わなければなりません。

犬を飼っている方には、登録と狂犬病予防注射(毎年1回)が義務づけられています。確認のうえ、必ず行ってください。もし集合注射に行けない場合は、開業獣医師の病院でも行うことができます。

よくいただく質問

犬猫を引き取ってもらいたい時は?(飼えなくなった時、保護した時)

保健所で引き取りをしています。(事前に連絡をください)

野犬・放浪犬がいるので捕まえてほしい。

詳しい状況を保健所へ連絡してください。

犬が散歩中に排便をしますが、飼い主が後始末をする必要がありますか?

ふんの後始末をするのは、飼い主の義務です。みだりにふんを公の場所でさせると軽犯罪法等の法律違反になります。

犬が放し飼いにされて、迷惑しているのですが。

詳しい状況を保健所あるいは環境衛生課に連絡してください。飼い主は、犬をつないで飼う義務があります。もしつないでいない場合、野犬とみなし、捕獲される場合があります。

お問い合わせ先

環境衛生課

 

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

役に立った  どちらともいえない  役に立たなかった

質問:このページは見つけやすかったですか?

見つけやすかった  どちらともいえない  見つけにくかった

質問:このページの内容は参考になりましたか?

参考になった   どちらともいえない  参考にならなかった

ページの先頭に戻る