国民年金

お住まいのかたや、これからお住まいになるかたに役立つ情報をご案内しています。

国民年金

市民課年金係・各支所地域振興課

加入者等について

国民年金には、日本国内に住所のある20歳以上60歳未満のすべての人が加入しなければなりません。

(国民年金の加入者は次の区分に分かれます)

区 分 加入者 手続き 保険料の納入方法
第1号被保険者 自営業・農業・学生・アルバイト・無職の人など 加入者自身が市役所で行います。 加入者自身が納めます。
第2号被保険者 会社員・公務員など 勤務先の事業所が行います。 勤務先の厚生年金や共済組合などの年金制度から納められます。
第3号被保険者 会社員、公務員(第2号被保険者)に扶養されている配偶者 扶養者の勤務先の事業所が行います。 扶養している人(第2号被保険者)の加入年金制度から納められます。

こんなときは届け出してください

次のような場合、該当者は14日以内に手続きをしてください。

国民年金に
加入しなければ
ならないとき
20歳になったとき 印鑑・学生は学生証の写しまたは
在学証明書
会社をやめたとき 印鑑・年金手帳・退職年月日の
わかる書類
会社員である配偶者の扶養
(健康保険)からはずれたとき
印鑑・年金手帳・退職年月日の
わかる書類
任意加入するとき 印鑑・年金手帳
加入の必要が
なくなるとき
会社に就職したとき ※市町村での手続きは不要です
死亡したとき 印鑑・年金手帳・年金証書・預金通帳
・戸籍、全部事項証明(謄本)・住民票(抄)本
など
その他 転入したとき 印鑑・年金手帳
保険料を納められないとき
(免除申請・学生納付特例申請)
印鑑・年金手帳・学生は学生証の写し
または在学証明書
住所、氏名が変わったとき 印鑑・年金手帳(合併による住所変更は、
手続き不要)
年金手帳をなくしたとき 印鑑
生活保護の開始、廃止 印鑑・年金手帳
年金を請求するとき 印鑑・年金手帳・配偶者の年金証書
・預金通帳・戸籍全部事項証明(謄本)
・住民票謄(抄)本・所得証明書など
年金受給者が死亡したとき 印鑑・年金証書・預金通帳・除票など
※詳しくはお問い合わせください
お問い合わせ先

市民課年金係・各支所地域振興課

 

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

役に立った  どちらともいえない  役に立たなかった

質問:このページは見つけやすかったですか?

見つけやすかった  どちらともいえない  見つけにくかった

質問:このページの内容は参考になりましたか?

参考になった   どちらともいえない  参考にならなかった

ページの先頭に戻る