母子保健

お住まいのかたや、これからお住まいになるかたに役立つ情報をご案内しています。

母子保健

母子健康手帳の交付

医療機関を受診し妊娠の診断を受けた方は、できるだけ早めに妊娠の届出を行いましょう。
妊娠の届出に基づき、母子健康手帳及び妊婦健康診査・乳児健康診査受診票の交付や母子保健事業のご案内を行います。
母子健康手帳は、本庁保険健康課、各支所の地域振興課で交付します。

平成28年1月から開始される社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)の導入に伴い、妊娠届出時(母子健康手帳交付時)に個人番号(マイナンバー)が必要になります。

妊娠届出時の必要物品等

○個人番号(マイナンバー)が確認できる書類について、次のいずれかをご持参ください。

1.個人番号(マイナンバー)カード
2.通知カード+本人確認書類(写真付きのもの1点:運転免許証、パスポートなど)
3.通知カード+本人確認書類(写真付なしのもの2点以上)

※代理人(妊婦本人及びその夫以外)による届出の場合は、「委任状」と代理人の本人確認ができる書類(運転免許証等)をご持参ください。

○妊娠週数、出産予定日、診断医療機関を記入していただく必要があります。

妊娠届出書

委任状

妊娠中の母子保健

内 容 対象者 実施場所 実施回数分 通知・備考
妊婦一般健康診査 妊婦 医療機関
助産所
14回 母子健康手帳交付時に受診券を交付。注)転入前の住所地で交付を受けた方は、転入後竹田市の受診券の交付が必要です。また県外医療機関及び助産所で健診を受ける場合は保険健康課にご相談ください。
☆プレママ教室
(妊婦歯科検診)
妊婦 竹田市総合社会福祉センター 年3回 妊娠中の生活やお産についての話、歯科検診(無料)、個別相談(歯科・栄養・保健)を行います。安心して出産を迎えるためにも受診しましょう。

☆:対象者に個別通知でご案内します。

平成29年度 プレママ教室(妊婦歯科検診)日程

不妊・不育

不妊治療費助成制度

対象者 以下のすべてにあてはまる方が対象となります。
1.申請日において竹田市に住民票があり、法律上の婚姻をしているご夫婦
2.不妊症と診断されて治療を受けているご夫婦
3.妻の年齢が43歳未満
4.夫婦の前年の所得額の総額が730万円未満
5.市税に未納が無いこと
内 容 同一夫婦に対し通算10回まで、不妊治療に要した医療費の一部負担金と保険適用外治療費の合計額の1/2で15万円を限度として補助します。
※但し、県の助成を受けた方は下記のとおりとなります。
1回あたりの助成上限額=15万円−県助成額のうち市が負担した額
申請時に医療機関が発行した領収書(写し可)が必要です。領収書は大切に保管しておいてください。詳しくは本庁の保険健康課にお問い合わせください。
申請期間 不妊治療を受けた日の属する年度(3月中に治療を受けた場合は翌年度の4月末日まで)
例)H29年3月に治療を受けた場合は、H29年4月末日までに申請

不妊治療費補助金交付申請書

不妊治療費補助金交付請求書

不妊治療費補助事業医療実施証明書

不妊治療費補助事業薬剤内訳証明書

不育治療費助成事業

対象者 竹田市に住民票を有する夫婦で、医療機関から不育症と診断された方
内 容 不育治療に要した医療費の一部負担金と保険適用外治療費を30万円を限度として補助します。詳しくは本庁の保険健康課にお問い合わせください。

不育治療費助成金交付申請書

不育治療費助成金交付請求書

不育治療医療機関等証明書

当該不育治療に係る領収書及び明細書

予防接種(成人の風しん)

風しんの免疫を持っていない女性が妊娠初期に風しんに感染すると、白内障、先天性心疾患、難聴などの症状がある「先天性風しん症候群」の子どもが生まれる可能性があるため風しんの感染対策として、風しん予防接種費用の一部を助成します。

対象者

接種日において年齢が20歳以上49歳以下にある女性で、妊娠を予定又は希望する者(既に妊娠していると認められる者を除く。)及びその夫 (婚姻の届出をしていないが、事実上婚姻関係と同様の事情にある者を含む。)

上記に該当する方でも、次のいずれかに該当する場合は対象者に該当しません。
・過去に風しんに罹患した方
・過去に風しん予防接種又は麻しん風しん予防接種を2回以上受けた方
・過去にこの助成を受けた方

対象となる予防接種

風しん予防接種又は麻しん風しん予防接種

助成額 3,000円

助成対象経費が助成額に満たない場合はその額を助成

助成回数

風しん予防接種又は麻しん風しん予防接種のいずれか1度限り

必要書類

(1)竹田市成人に対する風しんの予防接種費用助成申請書兼請求書(様式第1号)

(2)予防接種の種類及び費用がわかる領収書(コピー不可)
    ※領収書で予防接種の内容が確認できない場合は予診票の写し
(3)申請者の身分を証明する書類(運転免許証、保険証等)

申請期限

接種日から起算して6か月以内

注意事項

あらかじめ約1か月避妊した後、接種してください。
ワクチン接種後約2か月は妊娠しないよう注意してください。

お問い合わせ先

保険健康課 健康増進係・各支所地域振興課

 

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

役に立った  どちらともいえない  役に立たなかった

質問:このページは見つけやすかったですか?

見つけやすかった  どちらともいえない  見つけにくかった

質問:このページの内容は参考になりましたか?

参考になった   どちらともいえない  参考にならなかった

ページの先頭に戻る