市章について

竹田市のあらまし・歴史等についてご紹介しています。

市章について

竹田市、荻町、久住町、直入町の1市3町が合併して、新しい「竹田市」が平成17年4月1日に誕生しました。

これを機に、地域の強い絆と未来への発展の願いを込めて、市章のデザインを広く全国から公募し、そこに寄せられた737点の作品の中から、新しい竹田市にもっともふさわしい市章を選びました。竹田市のイメージに親しみを感じていただき、より愛されるまちづくりを進めていきたいと思います。

デザインの基本要素

竹田市の市章

市章デザインの全体の形象は「たけた」の「た」をモチーフにしたものです。

下部の円は、名水名湯を図案化しつつ、地域の輪をイメージしています。そこから立ち上がる大小の丸と2本の線は、未来へ伸びゆく活力と協調を表現しています。

デザイン公募と選定の経過

平成16年

8月11日 第23回合併協議会(市章選定にかかる募集要項、スケジュール等の承認)
9月1日 デザイン公募受付開始、募集チラシの配布、ホームページで公募記事記載
9月8日 県内デザイン・美術系教育機関へ広報活動
10月12日 公募受付終了(345人・737点)
10月25日 市章候補選考委員会(市章候補5点を選考)
10月25日
〜11月4日
類似商標等調査
11月10日 第24回合併協議会(市章デザイン決定)

デザインガイド

デザインの目的や要素、展開のあり方など使い方のルールを定めた「デザインガイド」を作成しました。このガイドに基づいて、有効にご活用ください。

デザインガイド

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

役に立った  どちらともいえない  役に立たなかった

質問:このページは見つけやすかったですか?

見つけやすかった  どちらともいえない  見つけにくかった

質問:このページの内容は参考になりましたか?

参考になった   どちらともいえない  参考にならなかった

ページの先頭に戻る