竹田市トップページ > 写真ニュース詳細

写真ニュース詳細

写真ニュースの詳細です。

写真ニュース詳細

2018年03月12日

全共での功績を称えて〜「第11回全国和牛能力共進会宮城大会」出品記念碑除幕式

 9月7日から11日まで開催された和牛のオリンピック、第11回全国和牛能力共進会(宮城県仙台市)では、第4区で豊肥和牛育種組合が最優秀賞にあたる優等賞1席を受賞。また全体の最高賞にあたる内閣総理大臣賞を獲得するなど、市民に大きな感動と勇気を与えました。

 その功績を称える出品記念碑が竹田市中の豊後豊肥家畜市場入口に設置され、3月12日、除幕式が行われました。第4区に出品した佐藤忠直さん(竹田)、森田孝子さん(直入)、清水康博さん(久住)、安藤直樹さん(豊後大野市朝地町)、また第2区に出品し、優等2席を受賞した後藤克寿さん(荻)ら出品者と関係者など約50人が参加。出席者により幕が取り除かれ、記念碑の設置を喜びました。

 出品者を代表して佐藤忠直さんが、「私たちの名前を記した碑を設置していただき、嬉しい気持ちでいっぱい。今回の経験を次の大会を目指す人と共有し、一頭でも多く送り出せるよう協力したい」とあいさつ。

 次回の第12回全国和牛能力共進会鹿児島大会は、2022年に開催されます。2大会連続日本一に向けた取り組みが始まります。

 

↑ 豊後豊肥家畜市場で行われた除幕式には約50人が参加

 

↑ 関係者により、記念碑の除幕が行われました

 

↑「碑を設置してくれ、とても嬉しい。今回の経験を次の大会に生かしたい」と出品者を代表して佐藤忠直さんがあいさつ

 

↑ 記念碑の設置を喜ぶ関係者の皆さん。次回、2022年鹿児島大会での2大会連続日本一を目指した取り組みが始まります。

 

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

役に立った  どちらともいえない  役に立たなかった

質問:このページは見つけやすかったですか?

見つけやすかった  どちらともいえない  見つけにくかった

質問:このページの内容は参考になりましたか?

参考になった   どちらともいえない  参考にならなかった

ページの先頭に戻る