竹田市トップページ > 写真ニュース詳細

写真ニュース詳細

写真ニュースの詳細です。

写真ニュース詳細

2018年06月08日

「のばそうよ 健康寿命 歯みがきで」〜平成30年度よい歯のコンクール

 歯と口の健康週間(6月4日から10日)の期間中の6月8日、「平成30年度よい歯のコンクール」が竹田市総合社会福祉センターで開催されました。

 歯と口の健康に関する正しい知識を深めてもらおうと行われている「よい歯のコンクール」。今回は昨年度3歳児歯科検診を受け虫歯のなかった子どもとその保護者3組と、80歳以上の方で自分の歯を20本以上保持している高齢者7人が参加しました。

 竹田市歯科医師会を代表して審査した後藤博文先生(長湯ごとう歯科)は、「参加された皆さんは自分の歯が多く残っていて、虫歯のない優秀な方ばかり。お口の健康は、脳卒中や心筋梗塞、糖尿病などの生活習慣病や誤嚥性肺炎、認知症の予防につながる。これからも健康な歯の状態を続けてください」と講評を述べました。

 高齢者の部で最優秀賞に輝いた菅令子さんは「(受賞に)嬉しい。食後に必ず歯を磨き、口の中を健康にした結果です」と喜びを話してくれました。 

 審査の結果は次のとおりです。

【高齢者の部】  最優秀賞  菅 令子さん(81歳・南河内)

         優秀賞   岩屋清光さん(80歳・冬田)

         最高齢者賞 平野ユリ子さん(89歳・紺屋)

※最優秀賞の菅さんは竹田市代表として、県大会の書類審査を受けます。

【親と子の部】  最優秀賞  志賀和美さん・冬莉ちゃん(桜町南)

※最優秀賞の志賀さん親子は、7月7日の県大会に竹田市代表として出場します。

 

↑ 口腔の状態について審査を受ける親子

 

↑ 審査のあとに行われた表彰式

 

↑ コンクールに出場された皆さん。前列右から4人目が「高齢者の部」の最優秀賞を受賞した菅令子さん、前列右端が「親と子の部」最優秀賞の志賀和美さん・冬莉さん親子

 

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

役に立った  どちらともいえない  役に立たなかった

質問:このページは見つけやすかったですか?

見つけやすかった  どちらともいえない  見つけにくかった

質問:このページの内容は参考になりましたか?

参考になった   どちらともいえない  参考にならなかった

ページの先頭に戻る