竹田市トップページ > 写真ニュース詳細

写真ニュース詳細

写真ニュースの詳細です。

写真ニュース詳細

2018年07月09日

台湾・嘉南薬理大学の学生が職業体験のため来竹〜9日、市役所本庁舎で歓迎式

 昨年1月に、台湾・高雄市田寮区と国際観光文化交流都市の締結を行った竹田市。中学生の台湾派遣事業や高雄市への市民訪問団派遣など、市民レベルの相互交流で友好の絆を深めています。

 今回、台湾の嘉南薬理(かなんやくり)大学応用外国語学科から董幸正(とうこうせい)学科長を団長とする14人の学生と引率の教師4人が来竹し、7月9日、市役所本庁舎で歓迎式が行われました。

 今回の来竹は、董学科長と、竹田市観光親善大使を務められている郭子ゲン(ゲンは王へんに宣)さん(応用外国語学科准教授)が、昨年9月に本市を訪れた際、「職業体験を通して国際感覚を身につけてもらうため、竹田市に学生を派遣したい」との申し出があり実現したものです。  

 式では、首藤市長が「本市での職業体験や農家民泊で、有意義な時間を過ごしてください」とあいさつ。董学科長は、「今回の研修が学生たちにとって進学・就職を考える機会になれば。今後も研修をきっかけに竹田市との縁を結びたい」と述べました。

 学生は14日まで滞在し、ミニトマトの収穫体験や郷土料理づくり、観光・宿泊施設での職場実習を行いながら、市民との交流を深めます。

 

↑ 台湾の嘉南薬理(かなんやくり)大学応用外国語学科の学生を出迎える市職員ら

 

↑ 市役所本庁舎で行われた歓迎式

 

↑「今回の研修をきっかけに、竹田市との縁をさらに結びたい」と董幸正(とうこうせい)学科長

 

↑ 本市の民芸品「姫だるま」を董学科長に贈る首藤市長

 

↑ 董学科長からは縁起の良い「孔雀」の置き物をいただきました

 

↑ 学生らは本市に14日まで滞在し、農業体験や職業実習を行います

 

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

役に立った  どちらともいえない  役に立たなかった

質問:このページは見つけやすかったですか?

見つけやすかった  どちらともいえない  見つけにくかった

質問:このページの内容は参考になりましたか?

参考になった   どちらともいえない  参考にならなかった

ページの先頭に戻る