竹田市トップページ > 写真ニュース詳細

写真ニュース詳細

写真ニュースの詳細です。

写真ニュース詳細

2018年12月02日

地区の名誉をかけ、タスキをつなぐ〜第72回竹田市駅伝競走大会

 12月2日、第72回竹田市駅伝競走大会が竹田市総合運動公園入口をスタート、フィニッシュとする7区間、20.3キロメートルのコースで開催されました。

 今大会には市内15地区体育協会から20チームが参加し、地区の名誉をかけ、懸命な走りでタスキをつなぎました。

 白熱したレースの結果、総合優勝を飾ったのは久住Aチーム。3年ぶり6回目の栄誉に輝きました。主な結果は次のとおりです。

【A部】 優勝 久住A(1時間11分29秒)

     2位 豊岡A(1時間12分06秒)

     3位 久住B(1時間13分06秒)

【B部】 優勝 荻A(1時間16分32秒)

     2位 城原(1時間21分42秒)

     3位 岡本(1時間24分29秒)

※1区の衞藤ゆき美選手(宮城)、2区の鳥倉覧維選手(豊岡A)、3区の志賀直樹選手(久住A)、6区の志賀太一選手(久住A)が区間新

 

↑「夜間の練習では、地域の方々が車のライトで明かりをともしてくれた。地区の思いをタスキに乗せ、最後まであきらめずに走ります」と力強く選手宣誓をする岡本チームの工藤貴大選手

 

↑ 一斉にスタートを切る1区の女子選手の皆さん

↓ 懸命にタスキをつなぐ選手の皆さん

↑ トップでフィニッシュテープを切ったのは久住Aチーム

↓ 声援を受けフィニッシュをめざす各チームのアンカーの選手たち

↑ 3年ぶり6回目の優勝を飾った久住Aチームの皆さん

 

↑ B部優勝に輝いた荻Aチームの皆さん

 

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

役に立った  どちらともいえない  役に立たなかった

質問:このページは見つけやすかったですか?

見つけやすかった  どちらともいえない  見つけにくかった

質問:このページの内容は参考になりましたか?

参考になった   どちらともいえない  参考にならなかった

ページの先頭に戻る