竹田市トップページ > 写真ニュース詳細

写真ニュース詳細

写真ニュースの詳細です。

写真ニュース詳細

2019年02月06日

接客No.1を目指して〜「陽はまたのぼる 竹田はなれ店」の花苑さんが全国の舞台へ

 NPO法人繁盛店への道が主催する「第14回S1サーバーグランプリ」の全国大会に、「感動のもつ鍋処 陽はまたのぼる 竹田はなれ店」(大分市)のスタッフ、花苑麗さん(23歳)が出場することになり、2月6日、首藤市長に出場報告を行いました。

 同大会は「サーバー(飲食店のサービススタッフ)の地位向上とサービス技術のレベルアップを目的とし、1次審査から地区大会、全国大会まで1年をかけて、「あの店に行けば、あの人に会える」No.1サーバーを選出します。

 九州地区大会には2次審査を勝ち抜いた10名が出場。審査は、瞬時の対応力や飲食店における基礎知識などの質問に答える「クイック審査」、客の要望に対する応対などシチュエーションに応じた接客を審査する「規定審査」、そして「スピーチ審査」の3つで、審査員と来場者らによる合計得点の最上位が全国に進めます。

 花苑さんは「一番印象に残っているお客さん」をテーマとしたスピーチで、大学生のとき、バイトで働いていた飲食店にいつも愛犬と一緒に来店していたご夫婦から、「あなたが卒業したら会えなくなるのね」と寂しそうに言われたことに、「2人に会えなくなるのは嫌だな」と感じ、接客の道に進むきっかけのひとつになったこと、「自分がそのお客さんに会いたいと思ってサービスできているか」を、ご夫婦の一言で気づかされたことを話したそうです。審査結果は見事にトップ。全国の舞台への出場権を獲得しました。

 約700名のエントリーの中から、全国大会に出場できるのはわずか12名。花苑さんは「接客をさせていただいていることに幸せを感じながら、他のスタッフの思いを背負い、日本一を目指したい。竹田市のすばらしさを知ってもらえるようPRしてきます」と、明るい笑顔と優しいまなざしで決意を話してくれました。

 大会は3月12日、メルパルク東京で行われます。「また逢いたいNo.1サーバー」を目指し、接客に取り組む花苑さんに熱いエールをお願いします。

 

↑ 全国大会に出場する花苑さん(中央)とスタッフの皆さん

 

↑「接客をさせていただいていることに幸せを感じながら、普段どおりの接客を全国の舞台で披露したい」と意気込みを話す花苑さん

 

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

役に立った  どちらともいえない  役に立たなかった

質問:このページは見つけやすかったですか?

見つけやすかった  どちらともいえない  見つけにくかった

質問:このページの内容は参考になりましたか?

参考になった   どちらともいえない  参考にならなかった

ページの先頭に戻る