竹田市トップページ > 写真ニュース詳細

写真ニュース詳細

写真ニュースの詳細です。

写真ニュース詳細

2019年03月09日

1年の活動の成果、花開く〜「平成30年度竹田市生涯学習まつり」

 3月9日、「平成30年度竹田市生涯学習まつり」が竹田市総合文化ホール「グランツたけた」で行われました。

 開会式では、竹田の歴史や文化、人権などについて学ぶ「高齢者大学」で、竹田・久住・直入地域の167人の受講生が1年を通して学習を深め、そのうち皆勤だった29人に表彰状が贈られました。

 開会式後には竹田市在宅医療介護連携市民公開講座が行われ、四国医療産業研究所の櫃本真聿(ひつもと しんいち)さんが「住み慣れた竹田市で安心して暮らし続けるために〜元気高齢者が地域を創る〜」をテーマに講演。櫃本さんは「50歳以上の人が6割を占める時代。医療や介護を受けながらでも、自分らしく生きて地域社会に貢献する『元気高齢者』を育成支援し、支える人と支えられる人を区分せず、互いに支え合う地域を創りましょう」と述べました。

 生涯学習発表会では、市内の公民館や分館で活動を行っている18団体が日頃の練習の成果を披露。ギター演奏や民謡、舞踊、フラダンスなどのステージに来場者から温かい拍手が送られていました。

 また、多目的ホール「キナーレ」では生花や書道、能面などの作品展示も行われ、力作ぞろいの作品を多くの人が鑑賞していました。

 

↑ グランツたけたで行われた「平成30年度竹田市生涯学習まつり」

 

↑ ステージ発表では、市内の公民館や分館で活動を行っている18団体が日頃の練習の成果を披露しました

 

↑ キナーレでは能面や生花、写真などの作品展示が行われました

 

↑ ステージでは都野小学校の全校児童46人と保護者による音楽劇「とべないホタル」の公演も行われました。「とべないホタル」「目が見えなくなったホタル」「光れなくなったホタル」・・・さまざまなホタルを通して、人権について考える機会となりました

 

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

役に立った  どちらともいえない  役に立たなかった

質問:このページは見つけやすかったですか?

見つけやすかった  どちらともいえない  見つけにくかった

質問:このページの内容は参考になりましたか?

参考になった   どちらともいえない  参考にならなかった

ページの先頭に戻る