竹田市トップページ > 写真ニュース詳細

写真ニュース詳細

写真ニュースの詳細です。

写真ニュース詳細

2019年04月01日

地域に新しい風を〜地域おこし協力隊26人に委嘱状を交付

 本市では全国に先駆けて「農村回帰宣言」を標榜し、移住・定住促進支援に取り組んでいます。その施策の一環として、平成31年度「地域おこし協力隊」の委嘱式が4月1日、市役所本庁舎で行われました。

 「地域おこし協力隊」は、人口減少や高齢化の進行が著しい地方において、地域外の人材を積極的に誘致し、その定住・定着を図ることで、 地域力の維持・強化を図っていくことを目的とする総務省の事業です。

 4月1日付けで第7期協力隊員として採用されたのは2人で、隊員数は総勢26人となります。

 委嘱式では、首藤市長から各期代表者に委嘱状を交付。また、移住者の定住に向けた生活等をサポートする定住支援員3人にも委嘱状が手渡されました。首藤市長は「積み重ねられてきた経験値を活かして、挑戦する気持ちを忘れずに活躍を続けてください」とあいさつ。

 今回隊員に任命された埼玉県さいたま市の山下理奈さん(58歳)は、竹田キリシタン研究所で受付やキリシタン文化の解説を、別府市の川口勝利さん(53歳)は市ケーブルネットワークセンターで映像を制作し、竹田市を広くPRしていく予定ということで、地域活性化に熱い意欲を持つ「地域おこし協力隊」の皆さんのご活躍を期待しています。

 

↑ 首藤市長から各期代表者に委嘱状が交付されました

 

↑ 26人の隊員の皆さんの活躍を期待しています!

 

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

役に立った  どちらともいえない  役に立たなかった

質問:このページは見つけやすかったですか?

見つけやすかった  どちらともいえない  見つけにくかった

質問:このページの内容は参考になりましたか?

参考になった   どちらともいえない  参考にならなかった

ページの先頭に戻る