竹田市トップページ > 写真ニュース詳細

写真ニュース詳細

写真ニュースの詳細です。

写真ニュース詳細

2019年04月07日

勇壮な歴史絵巻と桜の共演〜「第71回岡城桜まつり」

 日本桜名所100選の一つに数えられる国指定史跡岡城跡。約1500本の桜が見頃を迎えた岡城跡や竹田城下町を舞台に「第71回岡城桜まつり」が4月7日、盛大に開催されました。

 総勢105人が参加した大名行列は岡城本丸下を出発し、古い町並みの残る城下町を練り歩きながら、竹田温泉花水月を目指しました。また、甲冑武者行列は70人が甲冑などに身を包み、岡城中川但見屋敷跡を出陣。勝どきを上げながら勇壮に立ち回っていました。

 史実に基づき再現された歴史絵巻を一目見ようと、今年も県内外から多くの見物客が詰めかけ、城下町は一層の賑わいを見せていました。

 また、この日は肥後熊本藩葦北鉄砲隊が火縄銃や大筒を使った大迫力の演武を披露、本町通りでは騎馬武者による早駆けが行われ、集まった観衆を沸かせていました。

 宮崎県門川町から観光で訪れた奥田勝行さん(73歳)、初代さん(64歳)夫妻は「街なかを駆け抜ける騎馬武者の早駆けや鉄砲隊の大迫力の演武に魅了され、5、6年前から毎年訪れている。散り始めの桜の花びらが舞うなか、趣のある大名行列や勇壮な甲冑武者の立ち回りに感動した。城下町で散策を楽しんで帰りたい」と話してくれました。

 

 

↑ 岡城中川但見屋敷跡で行われたオープニングセレモニー

 

 

↑ 久住高原くたみ太鼓が祭りのオープニングを飾る勇壮な演奏を披露しました

 

 

↑ ド迫力の肥後熊本藩葦北鉄砲隊の演武

↓ 史実に基づき忠実に再現された「大名行列」

 

 

 

↓ 甲冑に身を包んだ「甲冑武者行列」は勝ちどきを上げながら城下町を練り歩きました

 

 

 

 

↑ 本町通りでは騎馬の早駆けが行われ、観客から大歓声が沸き起こっていました

 

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

役に立った  どちらともいえない  役に立たなかった

質問:このページは見つけやすかったですか?

見つけやすかった  どちらともいえない  見つけにくかった

質問:このページの内容は参考になりましたか?

参考になった   どちらともいえない  参考にならなかった

ページの先頭に戻る