竹田市トップページ > 写真ニュース詳細

写真ニュース詳細

写真ニュースの詳細です。

写真ニュース詳細

2019年04月26日

「大船山・入山公廟観光登山バス」でくじゅう山系の魅力再発見〜明日27日から運行を始めます!

 明日4月27日から運行を始める「大船山・入山公廟観光登山バス」の安全祈願祭が26日、久住町有氏の久住高原パルクラブで行われました。

 登山時の疲労軽減や時間短縮を図り、くじゅう連山南側ルートの魅力を再発見してもらおうと、平成27年から運行を始めた登山バス。パルクラブから池窪登山口まで所要時間約20分の登山バスを利用すると、バスの車窓から眼下に広がる風景を楽しむことができ、登山口から標高1400メートル付近にある国指定史跡の入山公廟(岡藩3代目藩主の中川久清公墓所)まで約30分、大船山山頂まで約2時間で登ることができます。昨年は3000人を超える登山客がバスを利用しました。

 関係者など約30人が出席した式では、期間中の安全を祈願して神事が行われました。運行主体の井上隆竹田市観光ツーリズム協会長は「登山バスで登るルートには中川久清公の墓所があり、文化あり、歴史あり、自然ありの他に類のないコース。ぜひ多くの人に利用していただきたい」とあいさつ。

 パルクラブ発の行きが午前7時30分から1時間おきに3便、登山口発の帰りは午後2時から同様に3便。乗車料金は片道1000円、往復で2000円。利用される方は利用日の前日の正午までに竹田市観光ツーリズム協会久住支部(電話0974-76-1610)まで予約をお願いします。

 4年にわたる修復工事が終了し、きれいに整備された入山公廟。ぜひ、この登山バスを利用して、日本で最も高い場所にあるお殿様の墓所やこれから登山シーズンを迎えるくじゅう山系を訪れてみてはいかがでしょうか。

 

↑ 久住高原パルクラブで行われた「大船山・入山公廟観光登山バス」の安全祈願祭

 

↑ ぜひ登山バスを利用して、くじゅう山系の魅力を感じてみてはいかがでしょうか。

 

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

役に立った  どちらともいえない  役に立たなかった

質問:このページは見つけやすかったですか?

見つけやすかった  どちらともいえない  見つけにくかった

質問:このページの内容は参考になりましたか?

参考になった   どちらともいえない  参考にならなかった

ページの先頭に戻る