竹田市トップページ > 写真ニュース詳細

写真ニュース詳細

写真ニュースの詳細です。

写真ニュース詳細

2019年05月05日

恒久平和の祈り、新しい時代も〜「殉空の碑」で45回目の追悼法要

 今から74年前の昭和20年5月5日、旧日本軍の戦闘機「紫電改」に体当たりされたとされるアメリカのB29爆撃機が明治地区折立の山中に墜落。紫電改のパイロット、故粕谷欣三さんとアメリカ兵11人が亡くなりました。

 その日米両国の兵士を追悼する法要が5日、「殉空の碑」前で行われました。

 「殉空の碑」は、B29が墜落した場所の畑の所有者、故工藤文夫さんと地元の方が中心となり昭和52年に建立され、以降45年にわたり、戦争のない平和な世界を願い、追悼法要が続けられています。

 この日も市内外から訪れた約70人の参列者が、「殉空の碑」に祈りを捧げ、恒久平和への誓いを新たにしていました。

 

↑ 追悼法要には市内外から約70人の参列者が訪れ、世界の恒久平和を願って祈りを捧げていました

 

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

役に立った  どちらともいえない  役に立たなかった

質問:このページは見つけやすかったですか?

見つけやすかった  どちらともいえない  見つけにくかった

質問:このページの内容は参考になりましたか?

参考になった   どちらともいえない  参考にならなかった

ページの先頭に戻る