竹田市トップページ > 写真ニュース詳細

写真ニュース詳細

写真ニュースの詳細です。

写真ニュース詳細

2019年05月08日

城下町に活気とにぎわいを〜「竹田市城下町交流プラザ」新築工事起工式

 竹田市竹田町に建設される「竹田市城下町交流プラザ」の新築工事起工式が5月8日、現地で行われました。

 地域住民の福祉、健康、文化の拠点として、また市民と観光客が交流を深め、中心市街地のにぎわいを創出する施設として新しく建設される「竹田市城下町交流プラザ」は、平成25年から旧コミュニティセンター部会(吉弘央部会長)が中心となり、議論を重ねてきました。設計は新国立競技場のデザインを手掛けた隈研吾建築都市設計事務所(東京都)。当初、2階建てで検討されていた施設は、作業員の人手不足や建設資材の高騰で、1階建てに変更。会議室などの多目的スペースを備えた多目的棟は鉄骨造平屋建てで、延床面積約138平方メートル。事務室や授乳室、多機能トイレ等を備えた管理棟は木造平屋建てで、同約94平方メートル。併せてバスの待合所や災害時の一時避難所機能を有し、21台の駐車が可能な駐車場はイベント時の広場機能を兼ねています。総工費は約2億790万円。

 式には関係者ら約70人が出席し、工事中の安全を祈願しました。首藤市長は「地域住民や関係団体など官民が一体となり、建設に向けた議論を重ねてきた。この施設が城下町の再生と活性化の原動力となり、まちの中心部ににぎわいを生み出す場となれば」とあいさつ。

 城下町の魅力に磨きをかける「竹田市城下町交流プラザ」は来年3月に完成予定です。

 

↑ 工事中の安全と無事完成を祈念して、神事が行われました

 

↑ 竹田市城下町交流プラザの完成イメージ

 

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

役に立った  どちらともいえない  役に立たなかった

質問:このページは見つけやすかったですか?

見つけやすかった  どちらともいえない  見つけにくかった

質問:このページの内容は参考になりましたか?

参考になった   どちらともいえない  参考にならなかった

ページの先頭に戻る