竹田市トップページ > 写真ニュース詳細

写真ニュース詳細

写真ニュースの詳細です。

写真ニュース詳細

2019年05月12日

城下町に華やかな稚児行列〜西光寺本堂等保存修理落成記念

 5月12日、竹田市会々の西光寺で、住職の交代と本堂と遙拝門の保存修理が完了したことを祝う稚児行列が行われました。

 岡藩初代藩主中川秀成(1570〜1612)が文禄4(1595)年に建立した西光寺は、420年を超える歴史を持ち、平成12年には県指定史跡に、本堂や山門、鐘楼は市有形文化財に指定されています。

 この日は、県や市の補助を受け、平成25年に着手した本堂と遙拝門の保存修理と、平成28年に発生した熊本・大分地震により、境内の中川家墓所に岩盤が崩落したことに伴う復旧工事の完成を記念した「落成記念慶讃法要」、また、住職を秦真純さん(66歳)から長男の正純さん(38歳)に引き継ぐ「晋山法要奉修」が行われ、稚児行列はこれらの行事にあわせて行われました。

 市内外から参加した0歳から小学生までの50人とその保護者ら約200人が、竹田町の正覚寺を出発。烏帽子や天冠をかぶり、華やかな衣装に身を包んだ子どもたちは、笛や笙の演奏に合わせて、西光寺までの道のりをゆっくり練り歩きました。

 豊後大野市三重町から参加した北條光くん(3歳)と拓馬くん(6歳)は「きれいな着物を着て、歩くことができて楽しかった」と笑顔を見せていました。

 

 

  

↑ 華やかな衣装を身にまとい、城下町を練り歩いた子どもたち

 

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

役に立った  どちらともいえない  役に立たなかった

質問:このページは見つけやすかったですか?

見つけやすかった  どちらともいえない  見つけにくかった

質問:このページの内容は参考になりましたか?

参考になった   どちらともいえない  参考にならなかった

ページの先頭に戻る