竹田市トップページ > 写真ニュース詳細

写真ニュース詳細

写真ニュースの詳細です。

写真ニュース詳細

2019年05月23日

「Sports for Everyone つなげよう つたえよう 夢と感動を」〜第72回大分県民体育大会竹田市選手団結団式

 第72回大分県民体育大会に出場する竹田市選手団の結団式が5月23日、竹田市総合社会福祉センターで行われました。

 例年9月に開催されていた同大会は、9月から11月にかけて行われるラグビーワールドカップ2019日本大会により、今年は6月22日〜24日を主日程(一部競技先行開催)として豊肥ブロック(竹田市・豊後大野市)を中心に行われます。今大会のスローガンは「Sports for Everyone つなげよう つたえよう 夢と感動を」。緑ヶ丘中学校の阿南翼さんが考案した作品です。

 式には25競技に出場する市選手団388名のうち、約100名が出席。竹田市体育協会会長の首藤竹田市長が「開催時期が3か月早くなり、各競技とも選手集めに苦労されたと聞いている。人口規模の小さい市だが、一つでも上の順位を目指して頑張ってください」と激励。選手団を代表して、吉竹悟竹田市選手団総監督が「市民に明るい話題を届けられるよう、選手団一致団結して高みを目指します」と決意表明。続いて、水泳競技に出場する大塚聖也選手が「竹田市代表として、正々堂々と全力を尽くすことを誓います」と力強い選手宣誓を行いました。

 また、県民体育大会永年出場として6名の方が勲功賞を受賞されました。〔順不同・敬称略〕

  勲功賞〔県体40回出場〕 吉竹  悟(ソフトテニス・議員ソフトボール競技)

  勲功賞〔県体20回出場〕 後藤 哲治(ソフトテニス競技)

  勲功賞〔県体20回出場〕 工藤 直樹(アーチェリー競技)

  勲功賞〔県体20回出場〕 川崎不二男(ゴルフ競技)

  勲功賞〔県体10回出場〕 菅  重則(ソフトテニス競技)

  勲功賞〔県体10回出場〕 佐藤 市蔵(軟式野球・議員ソフトボール競技)

 

↑ 県民体育大会永年出場の方に勲功賞が授与されました

 

↑ 大塚聖也選手(水泳競技)が「正々堂々と全力を尽くすことを誓います」と力強い選手宣誓を行いました

 

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

役に立った  どちらともいえない  役に立たなかった

質問:このページは見つけやすかったですか?

見つけやすかった  どちらともいえない  見つけにくかった

質問:このページの内容は参考になりましたか?

参考になった   どちらともいえない  参考にならなかった

ページの先頭に戻る