竹田市トップページ > 写真ニュース詳細

写真ニュース詳細

写真ニュースの詳細です。

写真ニュース詳細

2019年05月29日

本格的な登山シーズンを前に「山の警察隊」が発隊

 6月2日のくじゅう山開きを前に、くじゅう山系を訪れる登山者の安全確保と関係機関の連携強化を図ろうと、「山の警察隊」の発隊式が5月29日、くじゅう花公園駐車場で行われました。

 式には竹田・玖珠両警察署や県山岳遭難捜索救助隊竹田・玖珠分隊員、竹田アマチュア無線赤十字奉仕団員ら約50人が参加。竹田警察署の寶珠山和久署長は「くじゅう山系では昨年、20件、21人の遭難事案が発生している。そのうち道に迷った案件が7件と最も多い。このあと行っていただくパトロールでは、登山道の安全確認や目印の貼付、案内板の設置状況を確認し、登山者の安全確保に努めるとともに、遭難発生時には情報を共有し、迅速な捜索、救助活動を行っていただきたい」とあいさつ。隊を代表して、竹田警察署地域課長兼交通課長の高橋祐司隊長が「登山客の安全を守るため、日々遭難事故防止を呼び掛け、事故発生時は一致協力して迅速な救助活動にあたります」と決意を述べました。

 式後、隊員らは南登山口ルートと牧ノ戸登山口ルートに分かれ、山岳パトロールを開始。この日はドローン部隊による無人航空機ドローンを活用した捜索訓練も初めて行われました。

 

【登山者の皆さまへ】 これから本格的な登山シーズンを迎えますが、自分の体力や技術・経験に見合ったコースを選び、体力や装備、計画を万全にして、登山に臨みましょう。また、登山届を関係警察署、登山口に設置されている登山届ポストに必ず提出するようにしてください。

 

↑ くじゅう花公園で行われた「山の警察隊」の発隊式

 

↑ 隊を代表して決意表明を行う竹田警察署地域課長兼交通課長の高橋祐司隊長

 

↑ 山岳パトロールに向かう隊員ら

 

↑ ドローンを活用した捜索訓練も今回初めて行われました

 

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

役に立った  どちらともいえない  役に立たなかった

質問:このページは見つけやすかったですか?

見つけやすかった  どちらともいえない  見つけにくかった

質問:このページの内容は参考になりましたか?

参考になった   どちらともいえない  参考にならなかった

ページの先頭に戻る