竹田市トップページ > 写真ニュース詳細

写真ニュース詳細

写真ニュースの詳細です。

写真ニュース詳細

2019年06月02日

雨にしっとりミヤマキリシマ〜本格的な登山シーズンの到来「第67回くじゅう山開き」

 本格的な登山シーズンの始まりを告げる「第67回くじゅう山開き」の山頂祭が6月2日、くじゅう山系の久住山(1,787m)の山頂で開催されました。

 小雨が降るあいにくの天気のなか、県内外から400人を超える登山者が参加。シーズン中の安全を祈願し神事が行われたあと、竹田警察署の寶珠山和久署長、最高齢登山者の日隈亨さん(88歳・日田市)、遠来登山者のニコラス・ベンジャミンさん(29歳・アメリカ)の発声により、登山者全員で万歳三唱を行いました。くじゅう山系には10代の頃から登っているという日隈さんは「雄大な景色、360度見渡せる大パノラマ。登山は新しい活力を与えてくれる」、ニコラスさんは「山肌をピンク色に染めたミヤマキリシマが美しい。日本の登山者は会うたびににこやかに挨拶をしてくれた」と笑顔を見せていました。

 山頂祭のあとには、今年の干支「亥」のイラストが描かれたペナントが配られ、登山者は笑顔で受け取っていました。大分市から訪れた川野秀三さん(64歳)・淳子さん(58歳)夫妻は「今日もらったペナントで十二支が全て揃った。登山は健康と体力のバロメーター。干支をもう一周できるよう、これからも山頂祭に参加したい」と話してくれました。

 国指定天然記念物のミヤマキリシマは標高1600メートルあたりで見頃を迎えています。くじゅう連山のすばらしい風景を堪能されてはいかがでしょうか。

 

↑ 山頂祭ではシーズン中の安全を祈願し神事が行われました

 

↑ 竹田警察署の寶珠山和久署長らの発声で万歳三唱する登山客

↓ 記念のペナントを手に、笑顔の登山者の皆さん

↑ ミヤマキリシマは今月上旬までが見頃です。ぜひ、くじゅう山系の雄大な景色をお楽しみください

 

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

役に立った  どちらともいえない  役に立たなかった

質問:このページは見つけやすかったですか?

見つけやすかった  どちらともいえない  見つけにくかった

質問:このページの内容は参考になりましたか?

参考になった   どちらともいえない  参考にならなかった

ページの先頭に戻る