竹田市トップページ > 写真ニュース詳細

写真ニュース詳細

写真ニュースの詳細です。

写真ニュース詳細

2019年06月17日

「久住高原農業高校」の名を九州に〜3名の生徒が受賞・出場報告

 6月11日にホルトホール大分で行われた「第66回大分県学校農業クラブ連盟プロジェクト発表・意見発表会」で、大分県立久住高原農業高等学校の平田和也さん(2年)が生産・流通・経営を発表分野としたT類で最優秀賞、花篭拓海さん(3年)がヒューマンサービスをテーマとしたV類で優秀賞を受賞。また、佐藤真莉さん(3年)が考案した作品「琉球の空に響かせ 大地に刻む 農クの力 いざ咲かせ はばたけ 未来の農力」が最優秀賞に選ばれ、九州大会のスローガンに選出されました。6月17日、その3名の生徒が市役所本庁舎を訪れ、受賞報告を行いました。

 県大会には分野T類〜V類に各9名が参加。平田さんは『「恋の香」おりが実のるまち「都野」〜イチゴ生産者になるために〜』を題目に、「中学3年のとき、祖父母がイチゴ栽培を辞めるという話を聞いて、跡を継ごうと同校への進学を決めた」ことについて発表。佐藤さんは「沖縄の青い空、きれいな海、真っ赤なハイビスカスの花が咲いているイメージから作品を作った。農業はこれからの日本にも必要。若者が農業を継いでほしいという思いを込めた」と話しました。

 平田さんは8月7日に沖縄県で開催される九州大会に県代表として出場。佐藤さんの作品は同大会の会場に掲げられ、同日表彰を受けます。

 

↑(左から)平田和也さん、花篭拓海さん、佐藤真莉さん

 

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

役に立った  どちらともいえない  役に立たなかった

質問:このページは見つけやすかったですか?

見つけやすかった  どちらともいえない  見つけにくかった

質問:このページの内容は参考になりましたか?

参考になった   どちらともいえない  参考にならなかった

ページの先頭に戻る