竹田市トップページ > 写真ニュース詳細

写真ニュース詳細

写真ニュースの詳細です。

写真ニュース詳細

2019年06月24日

竹田産カボスを使ったクラフトビールが完成、全国販売へ

 ビールの原料となるホップを栽培・特産化し、観光振興に結びつける本市の取り組み「ホップ栽培への挑戦」にサポートいただいている宮崎ひでじビール株式会社(宮崎県延岡市)が「九州の恵みを醸すクラフトビール」として、竹田産のカボスを使用した発泡酒「九州CRAFTかぼす」を開発。完成報告会が6月24日、市役所本庁舎で行われました。

 同社では、昨年11月に独自ブランド「九州CRAFT」を立ち上げ、九州の素材にこだわった九州を味わうクラフトビールを展開。本市で収穫された平成28年産のカボスを搾汁、冷凍保存したものを使った「九州CRAFTかぼす」は、九州産のユズやキンカンとともに季節限定で醸造される新商品です。

 商品を試飲した首藤市長は「カボスの風味、香りが豊かで酸味も程よい」と絶賛。宮崎ひでじビールの永野時彦代表取締役は「ホップとカボスの香り、酸味のバランスに試行錯誤したが、満足のいく商品ができた。竹田から大分、そして全国に発信できれば」と期待を込めていました。

 「九州CRAFTかぼす」は2万4千本(330ミリリットル)を醸造。9月までの期間限定で全国に向けて販売を展開し、市内では道の駅で販売しています。カボスのスッキリした味わいと極上の爽快感、焼き魚との相性がバッチリの「九州CRAFTかぼす」をぜひご賞味ください。

 

↑ 宮崎ひでじビールの永野時彦代表取締役(写真中央)と竹田市かぼす生産出荷組合、竹田市かぼす女性部の皆さん

 

↑ カボスのスッキリした味わいと極上の爽快感の「九州CRAFTかぼす」をぜひご賞味ください

 

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

役に立った  どちらともいえない  役に立たなかった

質問:このページは見つけやすかったですか?

見つけやすかった  どちらともいえない  見つけにくかった

質問:このページの内容は参考になりましたか?

参考になった   どちらともいえない  参考にならなかった

ページの先頭に戻る