竹田市トップページ > 写真ニュース詳細

写真ニュース詳細

写真ニュースの詳細です。

写真ニュース詳細

2019年07月07日

“RE:スタート”地域のチカラが犯罪や非行を防ぐ〜「第69回社会を明るくする運動」竹田市民大会

 7月7日、第69回「社会を明るくする運動」竹田市民大会が竹田市総合社会福祉センターで行われました。

 「社会を明るくする運動」は、すべての国民が犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの更生について理解を深めることで、犯罪や非行のない明るい社会を築こうとする全国的な運動で、7月はその強調月間となっています。

 大会には竹田保護区保護司会や更生保護女性会など市内の団体から約120人が参加。開会行事では竹田保護区保護司会の大塚邦彦会長が内閣総理大臣のメッセージを披露し、「社会を明るくする運動」竹田市推進委員会委員長の首藤市長が「犯罪や非行を犯した人の立ち直りを支える皆さんの常日頃の活動があって明るい社会を実現している」とあいさつ。寶珠山和久竹田警察署長は「竹田は思いやりや声かけ、助け合いの心を生み出す地域力を備えている。事件・事故のない日本一安全なまちを実現するために連携して活動していきましょう」と挨拶を述べました。

 開会行事の後、市内の中学生・高校生による意見発表が行われ、5人の生徒たちは家族のこと、学校生活のなかで経験した思いや将来の夢などを発表しました。

 更生保護制度ができて今年で70周年。犯罪や非行のない明るい社会を築いていくために、一人ひとりができることについて考えてみませんか?

 

↑ 竹田市総合社会福祉センターで行われた第69回「社会を明るくする運動」竹田市民大会

 

↑ 内閣総理大臣のメッセージを披露する竹田保護区保護司会の大塚邦彦会長

 

↑ 開会行事のあとに行われた中学生・高校生の意見発表会

 

↑ 緑ヶ丘中学校1年 山村桃子さん「ありがとう」

 

↑ 竹田南部中学校2年 徳尾美咲さん「当たり前のずうっと向こうにあるもの」

 

↑ 大分県立竹田高等学校1年 衛藤美咲さん「コミュニケーションを基に」

 

↑ 竹田南高等学校3年 濱田将輝さん「気付くということ」

 

↑ 大分県立久住高原農業高等学校2年 平田和也さん「『恋の香』おりが実るまち『都野』」

 

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

役に立った  どちらともいえない  役に立たなかった

質問:このページは見つけやすかったですか?

見つけやすかった  どちらともいえない  見つけにくかった

質問:このページの内容は参考になりましたか?

参考になった   どちらともいえない  参考にならなかった

ページの先頭に戻る