竹田市トップページ > 写真ニュース詳細

写真ニュース詳細

写真ニュースの詳細です。

写真ニュース詳細

2019年07月10日

コーン2(交通)安全に気をつけて!〜「おおいた夏の事故ゼロ運動」がスタート

 「おおいた夏の事故ゼロ運動」が7月10日から始まり、竹田警察署では竹田市特産のスイートコーン2本をドライバーに渡し、コーン2(交通)安全を呼びかけるキャンペーンが行われました。

 開始式には、交通安全協会竹田支部の会員や竹田警察署員、あさひヶ丘保育園の園児ら約50人が参加。交通安全協会竹田支部の都築員守支部長は「今年に入って2件の死亡事故が発生している。これ以上悲惨な事故を出さないためにも、交通安全を呼びかけ、安心安全な竹田市にしていきましょう」、寶珠山和久竹田警察署長は「平成26年から今年5月までの市内の事故発生状況は、国道での人身事故の発生件数が6割と高く、事故形態では追突事故が4割、事故当事者の5割強を高齢ドライバーが占め、駐車場内での軽微な事故も多発傾向にある。運動の期間中、思いやりのある運転、シートベルトの着用が命を守ることを直接ドライバーに呼びかけていただきたい」とあいさつ。園児たちは竹田市菅生の卯野農場から提供された200組のスイートコーンをドライバーに手渡し、「安全運転をお願いします」と呼びかけていました。

 「おおいた夏の事故ゼロ運動」は19日まで。悲惨な交通事故をなくすために、一人一人が交通ルールを守り、交通マナーの向上に取り組んでいきましょう。

 

↑ 竹田警察署で行われた交通安全キャンペーンには約50人が参加

 

↑「道路には飛び出さない。道路では遊ばない。危険なところに行かない。ぼくたち、わたしたちは交通ルールを守ります!」とあさひヶ丘保育園の園児たち

 

↑ ドライバーにスイートコーンを手渡し、交通安全を呼びかける園児たち

 

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

役に立った  どちらともいえない  役に立たなかった

質問:このページは見つけやすかったですか?

見つけやすかった  どちらともいえない  見つけにくかった

質問:このページの内容は参考になりましたか?

参考になった   どちらともいえない  参考にならなかった

ページの先頭に戻る