竹田市トップページ > 写真ニュース詳細

写真ニュース詳細

写真ニュースの詳細です。

写真ニュース詳細

2019年07月25日

世界の恒久平和を願い、追悼の祈り〜令和元年度竹田市戦没者追悼式

 7月25日、「令和元年度竹田市戦没者追悼式」が竹田市総合社会福祉センターで行われ、遺族ら約100名が参列しました。

 はじめに、先の大戦で尊い命を捧げた竹田市戦没者1906柱の御魂を追悼するとともに、世界の恒久平和を願い、参列者全員で黙とうを捧げました。

 首藤市長は「私たちが享受している平和と繁栄は、戦没者の方々の尊い犠牲の上に築かれていること、そして大戦後、皆様方が大いなる慈悲の心をもって立ち上がってきたからこそ、今日の日本の発展がもたらされたということを、戦争を知らない私たちを含めた若い世代は心に刻んでおかなければならない」と追悼のことばを捧げました。また、遺族を代表して、竹田市遺族連合会の羽田野秀夫会長が「戦後74年、元号は令和に変わり新しい時代を迎えたが、世界の恒久平和実現に向け、これからも戦争の悲惨さ、平和の尊さを伝えていきたい」と、追悼のことばを述べました。

 参列者は祭壇に献花を捧げ、戦没者の御魂を追悼するとともに、世界の恒久平和を願いました。

 

↑ 竹田市総合社会福祉センターで行われた「令和元年度竹田市戦没者追悼式」

 

↑ 戦没者1906柱の御魂を追悼して、参列者全員で黙とうを捧げました

 

↑ 参列者は祭壇に献花を捧げ、戦没者の御魂を追悼しました

 

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

役に立った  どちらともいえない  役に立たなかった

質問:このページは見つけやすかったですか?

見つけやすかった  どちらともいえない  見つけにくかった

質問:このページの内容は参考になりましたか?

参考になった   どちらともいえない  参考にならなかった

ページの先頭に戻る