竹田市トップページ > 写真ニュース詳細

写真ニュース詳細

写真ニュースの詳細です。

写真ニュース詳細

2019年11月19日

加来航志郎くん(南部アルプス少年野球団)がホークスジュニア16人のメンバーに

 南部アルプス少年野球団の加来航志郎くん(南部小学校6年)が12月27日から札幌ドームで開催される「NPB12球団ジュニアトーナメント2019」に出場します。

 この大会は、「子どもたちが“プロ野球への夢”という目標をより身近に持てるように」との思いから、日本野球機構(NPB)とプロ野球12球団が連携し2005年に創設。全国の小学5・6年生でジュニアチーム(各16人)を編成し、チームの監督は球団のOB選手が務めます。

 加来くんは、九州・山口からの参加者約800人を対象に7月29日に行われた1次選考、8月5日の2次選考を通過。8月14日に福岡ヤフオク!ドームで開かれた実戦形式による最終選考会で見事合格し、福岡ソフトバンクホークスジュニアチームのメンバーに選ばれました。

 小学2年生から野球を始めた加来くん。チーム練習がない日も毎日2、3時間自主練習を続け、チームではショートやピッチャー、打順も4番を任されているそう。「プロ野球選手になり、球界を代表する選手になりたい」という夢を叶えるため、選考会に応募。合格の一報を聞いたときは「飛び上がるくらい嬉しかった」と話します。

 11月19日には市役所に出場報告に訪れ、首藤市長から「九州、大分県、また竹田市の代表として誇りをかけて頑張ってください」と激励を受けた加来くん。大会初戦は中日ドラゴンズジュニアチームとの対戦が決まり、「守備でも打撃でもチームに貢献して、優勝できるように頑張ります」と力強く決意を述べました。

 

↑「チームに貢献して優勝できるように頑張りたい」と加来くん

 

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

役に立った  どちらともいえない  役に立たなかった

質問:このページは見つけやすかったですか?

見つけやすかった  どちらともいえない  見つけにくかった

質問:このページの内容は参考になりましたか?

参考になった   どちらともいえない  参考にならなかった

ページの先頭に戻る