竹田市トップページ > 写真ニュース詳細

写真ニュース詳細

写真ニュースの詳細です。

写真ニュース詳細

2020年02月14日

早春の城下町を華やかに彩る雛人形〜「第22回岡藩城下町雛まつり」が始まる

 城下町竹田に春の訪れを告げる「第22回岡藩城下町雛まつり」のオープニングセレモニーが2月14日、竹田市殿町の竹田創生館で行われました。

 竹田幼稚園、竹田保育所の園児52人と関係者合わせて約70人が参加。主催者の井上隆竹田市観光ツーリズム協会長が「雛まつりはよい子の皆さんが元気で健やかに育ってほしいと願い、人形を飾るお祭り。ご家族やお友達みんなで、まちに飾られた雛人形を見に来てください」とあいさつ。園児たちはひなあられで乾杯し、「うれしいひなまつり」を合唱しました。

 本町通りの旧マルナカ陶器店では、五穀豊穣や家内安全を願う縁起のよい飾り物「花餅」づくりが行われ、園児たちは紅・白・緑の3色の餅を小さく丸めてヤナギの枝に飾り付けていました。

 岡藩城下町雛まつりは3月8日まで開催。江戸時代から昭和時代の雛人形に加えて、岡藩の武士が贈答用に贈ったとされる竹人形雛、手折りの紙雛が竹に飾られた「竹雛」等が、城下町内の商店やギャラリーなど42か所に飾られています。期間中は昔の遊び体験ができる「ひいなあそび」や、折り雛を竹のお椀に乗せて流す「流し雛」(いずれも3月7日)などのイベントを開催。飲食店11店舗では雛まつりにちなんだメニューを準備しています。

 春の訪れを感じながら、竹田のまち歩きを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

↑ 竹田創生館で行われた「第22回岡藩城下町雛まつり」のオープニングセレモニー

 

↑ ひなあられで乾杯する園児たち

 

↑ 園児たちは「うれしいひなまつり」を元気よく合唱しました

 

↑「この雛人形が好き!」。飾られた雛人形を見学する園児たち

 

↑ 花餅づくりでは、園児たちはヤナギの枝に紅・白・緑の3色の餅を小さく丸めて飾り付けました

 

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

役に立った  どちらともいえない  役に立たなかった

質問:このページは見つけやすかったですか?

見つけやすかった  どちらともいえない  見つけにくかった

質問:このページの内容は参考になりましたか?

参考になった   どちらともいえない  参考にならなかった

ページの先頭に戻る