竹田市トップページ > 写真ニュース詳細

写真ニュース詳細

写真ニュースの詳細です。

写真ニュース詳細

2020年02月11日

親子で楽しくふれあい体験〜「家庭教育推進キャラバンin竹田 親子わくわくフェスタ」

 2月11日、親子で体験できる講座を通して子育てや子どもたちの学びを支援していこうと県と市教育委員会主催の「家庭教育推進キャラバンin竹田 親子わくわくフェスタ」が竹田市総合社会福祉センターで開催されました。

 「未来を生きる力を育てる“セサミストリートカリキュラム”」をテーマとした講演や、ふれあい体験講座に市内外から約100人の親子が参加。

 体験講座では2つの教室が開かれ、大分県立芸術文化短期大学の前田亮二さんを講師に招いた講座「木材の切れ端を使って立体模型を作ろう」では、子どもたちは大きさや形の異なる木片を自由に組み合わせて接着剤で固定し、油性マジックやアクリル絵の具で色を塗って、家や公園など思い思いの模型を作りました。

 また、「ペットボトルを使って照明を作ろう」では、講師の造形作家・山田俊吾さんが「カットしたペットボトルに小型のLEDライトを固定して作ります。ペットボトルの中にストローや廃プラスチックを細かく切って入れたり、色紙を内側や外側に貼ったり、マジックで色を塗ったりして、キラキラと周囲を照らす世界に一つだけの照明を作ろう」と説明。子どもたちは約1時間かけて、オリジナルの照明を完成させました。大分市から父親と一緒に参加した小長篤朗くん(10歳)は「色紙とストローを切って詰め込む作業を繰り返して作った。自分の部屋に飾って明かりを楽しみたい」と笑顔で話しました。

 

 

↑ 木片を使ってさまざまな立体模型を作った子どもたち

 

↑ ペットボトルを使ったオリジナルの照明が完成!

 

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

役に立った  どちらともいえない  役に立たなかった

質問:このページは見つけやすかったですか?

見つけやすかった  どちらともいえない  見つけにくかった

質問:このページの内容は参考になりましたか?

参考になった   どちらともいえない  参考にならなかった

ページの先頭に戻る