住宅用火災警報器の設置状況調査について(お願い)

更新日:2022年04月25日

平成23年6月からすべての住宅に「住宅用火災警報器の設置」が義務付けられ、今年で11年目を迎えます。住宅用火災警報器の設置状況の実態を把握し、より効率的な普及啓発のため、調査を実施しますのでご協力をお願いします。実施方法は以下のとおりです。

〇 調査期間     令和4年4月下旬 ~ 5月中旬                                                             

〇 調査方法     竹田市内の世帯を無作為抽出により決定、郵送にて調査     

〇 回答方法     別紙調査票に記入のうえ、同封の返信用封筒にて返送    

〇 回答期限     令和4年5月20日(金曜日)                                                                                  

本調査は、住宅用火災警報器の無償提供や取付け作業を行うものではありません。ご理解いただきますようお願いします

                                                                                                                          

※住宅用火災警報器は、住宅防火対策としてとても重要です。火災による被害軽減を図るために住宅用火災警報器の設置をお願いします。また、設置後おおむね10年で「内部部品の劣化」や「電池の寿命」により、作動しないおそれがありますので、定期的な「点検・交換」をお願いします。

この記事に関するお問い合わせ先

竹田市消防本部

〒878-0011
大分県竹田市大字会々2742番地1
電話:0974-63-0119
火災の問合せ
電話:0974-63-4119 (テープによる自動案内)
お問い合わせはこちら