熱中症について

更新日:2022年07月25日

熱中症は予防が大事!

地球温暖化などで、気温の変化が大きいことから毎年増加傾向にある熱中症。正しい知識や対応をすれば防げます。熱中症の予防策や対処方法を覚えましょう。

どのようなときに熱中症になる?

熱中症は気温が高いだけで起こらず、「湿度が高い」「風通しが悪い」「風が弱い」など気象条件によって起こりやすくなります。

リスクが高くなる条件として、「気温が高い」「湿度が高い」「日差しが強い」「風が弱い」「急に暑くなった」などがあります。

 

熱中症の症状

1度(軽症:具合が悪くなった場所で応急処置ができる)

・めまい、立ち眩み、頭痛(ズキンズキン)、吐き気などがある

・筋肉痛がある(こむらかえり)

・汗を拭いても汗がでてくる

2度(中等症:医療機関での受診が必要)

・頭痛(ガンガンとする)

・吐き気、嘔吐がある

・倦怠感(身体がだるい)がある

・皮膚の乾燥(汗をかかなくなった)、体温上昇(身体が熱い)

3度(重症:医療機関での入院が必要)

・意識がない、または呼びかけても返事がない

・痙攣がある

・歩けない

・体温が高い

意識がなかったら、ためらわず「119番通報」して救急車を呼びましょう

応急処置

発生時の応急処置の仕方を覚えよう

119番通報(救急車を呼ぶ)する

呼びかけても返事がない、意識がない、自分で水分が取れない場合は、すぐに救急車を呼びましょう。救急車が到着するまで、必ず誰かがついて見守りましょう。

涼しい場所へ移動する

屋外であれば「風通しのよい日陰」、屋内であれば「冷房のよく聞いた室内」に移動しましよう

衣類をゆるめ、体を冷やす

衣服を脱がせ、体を締めてつけている「ベルト」「ネクタイ」「下着」をゆるめて、うちわなどであおいで風通しをよくしましょう。また、濡れたタオルや氷嚢などで、太い血管が体表近くにある「両側の首筋」「両わきの下」「両太ももの付け根」などを冷やしましょう。

水分(塩分含む)を補給する

自力で水分を摂取できる場合は、冷たい水を持たせ、自分で飲んでもらいましょう。また、大量に汗をかいている場合は、塩分の入ったスポーツドリンク等を飲んでもらいましょう。

子供や高齢者の熱中症予防

子どもの場合

子供や乳幼児はは大人より暑さに弱いため、熱中症にかかりやすい。周りの大人がしっかり見守りましょう。

顔が赤く、ひどく汗をかいたら、涼しい場所で休ませましょう。

涼しい服を着せ、暑さに応じて屋外でも脱ぎ着するように教えましょう。

屋外でもこまめに水分が摂れるよう、飲み物を持ち歩かせましょう。

子供は身長が低いので、地面からの照り返しの影響を強く受けます。ベビーカーも地面に近いので注意しましょう。保冷剤などで対策しましょう。

絶対にしてはいけない事

車内に子供を置き去りにしない(短時間で車内温度は急上昇する)

高齢者の場合

高齢者は若者と比べると、体内の水分が少なく、体温調整機能や感覚機能が低下していますので、家庭や周囲の人が日頃から注意し、積極的に声をかけましょう。

喉が渇いても、渇いていなくても、こまめに水分補給をさせましょう。トイレが近くなるという理由で、水分を取らないことがありますので、寝る前も水分補給をさせましょう。

室内温度に注意させ、エアコンと扇風機を適切に使用するようにしましょう。

濡れたタオルや保冷剤で、首筋や脇の下など太い血管が通っているところを冷やしましょう。

暑さが厳しいとき、屋外作業等は体力の消耗が激しくなることから、こまめの休憩や作業の中止などで無理をしないようにしましょう。

熱中症対策

マスク着用時の対策

マスクの着用により、皮膚からの熱が逃げにくくなったり、気づかないうちに脱水になる、体温調整が出来なくなるなどの「熱中症のリスク」が高まります

 

屋外では

・屋外で人と十分な距離(約2m以上)をとれる場合は、マスクを外しましょう。

マスク着用時

・激しい運動は避けましょう。

・喉が渇いていなくても、こまめに水分補給をしましょう。マスクをしていると、喉の渇きを感じ

にくくなります。

・気温、湿度が高い時は特に注意し、人と十分な距離をとり、マスクを外して休憩しましょう。

職場での対策

高温多湿な職場環境では、熱中症が多発しています。熱中症リスクを理解し、対策しましょう。

 

職場環境チェックリスト

〇 冷房やミストシャワーなどを設置しましょう

〇 通気性のよい作業着や帽子にしましょう

〇 作業場所の暑さや指数(WBGT)を測定しましょう

※暑さ指数(WBGT(湿球黒球温度):Wet Bulb Globe Temperature)は、熱中症を予防することを目的として1954年にアメリカで提案された指標です。単位は気温と同じ摂氏度(℃)で示されますが、その値は気温とは異なります。暑さ指数(WBGT)は人体と外気との熱のやりとり(熱収支)に着目した指標で、人体の熱収支に与える影響の大きい 湿度日射・輻射(ふくしゃ)など周辺の熱環境 気温3つを取り入れた指標です。

〇 暑さ指数に応じて、作業中止や休憩ができるよう、余裕を持った作業計画を立てましょう。

 

健康状態チェック

〇 風邪や下痢などの体調不良はないか

〇 前日、お酒(アルコール類)を飲みすぎていないか

〇 寝不足ではないか

〇 朝食をきちんと食べたか

作業開始の初日に熱中症が多発しています

 

農作業での対策

熱中症発生データからみると、

7 ~ 8 月

田畑などの屋外

70歳以上 以上に集中しています。

 

農作業中の対策チェック

〇高温時の作業は、なるべく避けましょう。

〇 単独作業を避けましょう。

・なるべく二人以上で作業し、時間を決めて声掛けをする。

・一人での作業は、誰かが定期的に携帯電話等で連絡をとり、安全確認をする。

〇20分おきに休憩し、水分補給しましょう。

・涼しい日陰などで作業着を脱ぎ、体温を下げましょう。

・喉が渇いていなくても、20分おきに毎回コップ1~2杯以上の水分補給をしましょう。

〇 ベニールハウスや畜舎でも注意しましょう。

・炎天下ではない施設でも、高温多湿ならリスクは大です。

・風通しをよくしたり、断熱材を活用しましょう。

この記事に関するお問い合わせ先

竹田市消防本部

〒878-0011
大分県竹田市大字会々2742番地1
電話:0974-63-0119
火災の問合せ
電話:0974-63-4119 (テープによる自動案内)
お問い合わせはこちら