九州一斉住宅用火災警報器の普及啓発キャンペーンについて

更新日:2022年05月27日

【期間】 令和4年5月27日(金曜日) ~ 令和4年6月7日(火曜日)

竹田市では、すべての住宅に住宅用火災警報器の設置が義務付けられた平成23年6月1日から令和4年6月1日で11年を迎えました。住宅用火災警報器は、住宅防火対策の「切り札」と言え、安全・安心を確保する上でとても重要となっています。しかし、設置から10年を経過すると「内部部品の劣化」や「電池の寿命」などで、万一の火災発生時に音が鳴らなくなるおそれがあります。そのために、住宅用火災警報器は、定期的な点検と設置から10年を目安に本体ごとを交換することが重要となってきます。

命を守る住宅用火災警報器(PNG:189.5KB)    いのちを守る10のポイント(PDFファイル:326KB)

この記事に関するお問い合わせ先

竹田市消防本部

〒878-0011
大分県竹田市大字会々2742番地1
電話:0974-63-0119
火災の問合せ
電話:0974-63-4119 (テープによる自動案内)
お問い合わせはこちら