病と差別について考える ー白丹小で公害学習ー

更新日:2021年06月04日

6月4日、白丹小学校で公害学習の発表会が行われました。4,5年生5人が、総合や国語の授業の中で水俣病の問題について学習し、5日の「国際環境日」に合わせる形で発表を行いました。

木村一心君は「水俣病でも差別があったと勉強したけど、コロナでも、かかってしまった人への差別がある。自分に何かできることがないか考えていきたい」と話してくれました。

この記事に関するお問い合わせ先

竹田市総務課 秘書広報係

〒878-8555
大分県竹田市大字会々1650番地
電話:0974-63-1111(内線201・202・203)

お問い合わせはこちら