竹田市トップページ > 新着情報詳細

新着情報詳細

新着情報の詳細です。

2017年04月28日 お知らせ
竹田市総合文化ホールの愛称が「グランツたけた」に決定しました

 竹田市では、瀧廉太郎や田能村竹田など多くの先人が残した誇り高い文化・芸術が受け継がれ、市民の皆さまの文化活動の源となってきました。そして。昭和51年に開館した竹田市文化会館は、平成24年7月の九州北部豪雨による水害で被災するまで、竹田市の文化振興の拠点として多くの皆さまに親しまれてきました。現在、その竹田市文化会館にかわる新しい文化施設の建設工事が進んでいます。

 昨年、子育て世代を中心とした13人の市民の皆さまで構成された竹田市文化会館(仮称)名称検討委員会において、新施設の正式名称(候補)について協議を重ね、「竹田市総合文化ホール」に決定しました。

 その後、@施設(竹田市総合文化ホール)、A大ホール、B多目的ホールの愛称を全国公募したところ220点の応募があり、名称検討委員会において選考を行い、下記のとおり決定しましたので、皆さまにご報告いたします。

 それぞれの愛称に採用された方には、竹田市から記念品を贈呈します。

 

◆「竹田市総合文化ホール」の愛称 「グランツたけた」

 採用者 江藤 夢 さん (竹田市久住中学校3年)

 

◆大ホールの愛称 「廉太郎ホール」

 採用者 鈴木 哲也 さん (埼玉県さいたま市)

 

◆多目的ホールの愛称 「多目的ホール キナーレ」

 採用者 小寺 光雄 さん (愛知県名古屋市)

 

※それぞれの愛称に決定した理由などの詳細につきましては、添付資料をご参照ください。

HP用:愛称説明資料

 

◆お問合せ

 竹田市文化政策課

 TEL 0974(63)4837

 E-Mail bunka@city.taketa.lg.jp

 

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

役に立った  どちらともいえない  役に立たなかった

質問:このページは見つけやすかったですか?

見つけやすかった  どちらともいえない  見つけにくかった

質問:このページの内容は参考になりましたか?

参考になった   どちらともいえない  参考にならなかった

ページの先頭に戻る