竹田市トップページ > 新着情報詳細

新着情報詳細

新着情報の詳細です。

2020年06月29日 重要
新型コロナウイルス感染症の影響による後期高齢者医療保険料の減免について

 

新型コロナウイルス感染症の影響により主たる生計維持者の収入が減少した場合に、次の減免事由1若しくは減免事由2に該当する時は、申請により後期高齢者医療保険料の減免を受けることができます。

 

※原則、住民票の世帯主が「主たる生計維持者」となります。

 

※減免に関する相談・申請は竹田市税務課課税係において、随時受け付けます。

 

 

 

●対象となる方

 

減免事由1 

 

新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者が死亡した、または1か月以上の治療を有するなど、重篤な傷病を負った世帯

 

 

 

減免事由2 

 

新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の事業収入等(不動産収入、事業収入、給与収入及び山林収入)の減少が見込まれ、次の要件に該当する世帯

 

ア.主たる生計維持者の事業収入等の減少額(保険、損害賠償等により補填されるべき金額を控除した額)が、前年の当該事業収入等の額の10分の3以上であること。

 

イ.主たる生計維持者の前年の合計所得金額が1,000万円以下であること。

 

ウ.主たる生計維持者の減少することが見込まれる事業収入等に係る所得以外の前年の所得の合計額が400万円以下であること。

 

 

 

●対象となる後期高齢者医療保険料

 

平成31年度分及び令和2年度分の後期高齢者医療保険料であって、令和2年2月1日から令和3年3月31日までの納期限に設定されているものが減免の対象となります。

 

 

 

減免額

 

・減免事由1の場合: 対象となる期間の保険料全額が減額されます。

 

 

 

・減免事由2の場合: 主たる生計維持者の事業収入等(不動産収入、事業収入、給与収入及び山林収入)の減少が見込まれる場合は、次の減免額計算式のとおり(表1)で算出した対象保険料額に、(表2)の前年の合計所得金額の区分に応じた減免割合を乗じて得た額が減額されます。

 

但し、主たる生計維持者の事業等の廃止や失業の場合には、前年の合計所得金額にかかわらず、対象保険料の全部を免除します。

 

 

 

●減免額計算式 対象保険料額(A×B/C)×減額又は免除の割合(d)

(表1)

減免の対象となる保険料額=A×B/C

A:同一世帯に属する被保険者について算定したそれぞれの保険料額

B:世帯の主たる生計維持者の減少することが見込まれる事業収入等に係る前年の所得額(減少することが見込まれる事業収入等が2以上ある場合はその合計額)

C被保険者の属する世帯の主たる生計維持者及び当該世帯に属する全ての被保険者につき算定した前年の合計所得金額

 

 

(表2)

 

世帯の主たる生計維持者の前年の合計所得金額

減額又は免除の割合(d)

300万円以下

10分の10

400万円以下

10分の8

550万円以下

10分の6

750万円以下

10分の4

1000万円以下

10分の2

 

 

 

●提出書類

 

@後期高齢者医療保険料減免申請用 word版

 A後期高齢者医療保険料減免申請書+記入例 PDF版+記入例

 

 

B後期収入申告書 excel版

 C後期収入申告書+記入例 PDF版+記入例

 

 

D後期委任状(代理で申請される場合のみ)excel版

 E後期委任状 PDF版

 

 

 

●添付書類(写し可)

 

(1)死亡・重篤な傷病の場合

 

・死亡診断(死体検案)書、医師の診断書など

 

 

 

(2)事業収入等の減少の場合

 

・令和元年分の収入が分かるもの(給与明細書、確定申告書の控えなど)

 

・令和2年1月から申請する月までの収入が分かるもの(給与明細書、収入と必要経費が確認できる帳簿など)

 

・保険金などで補填されたことが分かる書類(保険契約書、通帳など)

 

 

 

(3)事業の廃止・失業の場合

 

(2)の書類に追加し 

・事業の廃止、失業等 状況が分かるもの(退職証明書、解雇通知書、雇用保険受給資格者証、廃業届、休業届など)

 

 

 

 

 

●手続き方法等

 

 申請にあたっては新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、極力郵送(任意封筒)での提出をお願い致します。(不明な点が確認されましたら、別途、聞き取りをさせていただきます。その際、必要資料を求める場合があります。)

 

郵送が困難な場合は、税務課窓口にて受け付けます。ご不明の点等は税務課課税係までお問合せ下さい。

 

 

 

●申請期限について

 

令和3年3月31日まで随時受け付けます。

 

 

 

●その他

 

減免決定通知書と保険料変更通知書は、広域連合による決定後、申請受付日の翌月中旬に送付します。また、減免の決定により納めすぎとなった税額は、後日還付のお知らせをいたします。

 

減免要件に当てはまらない場合や必要な書類が揃わない場合は、審査の結果却下となることがあります。申請受付日の翌月に、減免却下通知書を送付します。

 

 

 

●お問合せ及び提出先

 

 〒878−8555 竹田市大字会々1650番地

 

 竹田市役所 税務課 課税係

 

 0974−63−1111(内線126、125)

 

 

 

 

 

 

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

役に立った  どちらともいえない  役に立たなかった

質問:このページは見つけやすかったですか?

見つけやすかった  どちらともいえない  見つけにくかった

質問:このページの内容は参考になりましたか?

参考になった   どちらともいえない  参考にならなかった

ページの先頭に戻る