第73回 画聖『田能村竹田』先生をしのぶ美術祭

更新日:2021年06月18日

第73回 画聖『田能村竹田』先生をしのぶ美術祭

淵野香斎 『田能村竹田像』 1826年頃

田能村 竹田(たのむら ちくでん)(1777年~1835年)

富士図(田能村竹田「稲川舟遊図」天保元年(1830年54歳)片岡辰市コレクション重要文化財

豊後国岡藩竹田村(現大分県竹田市)の侍医の家に生まれた。幼少より学問、絵画にすぐれ、藩校由学館に学び、後同館の司業・頭取になった。この間、学問、詩文、絵画等を深め、また幕命による「豊後国史」も編纂した。
36歳で隠居、各地を歴遊して、頼山陽、浦上玉堂、青木木米等多くの文人墨客と交わり、いよいよ才芸を極めた。遂に「豊後南画」(文人画)を確立。後世「画聖」と称えられている。
代表作として「暗香疎影図」(重要文化財)、「歳寒三友双鶴図」(重要文化財)、「亦復一楽帖」(重要文化財)等がある。また、画論、詩論、詩文等の著作も多い。旅先の大阪で没。享年59。
旧竹田荘(国指定史跡)は竹田先生が生まれ、育ち、生活したところである。ここで弟子たちの指導し直入・竹邨等豊後南画を代表する弟子を排出している。建物は昭和58年、国の補助によって大修復された。

作品募集要項

1絵画の部

  1. 題材 … 自由(ただし模写は認めない)
  2. 用紙 …
    小・中学生は四つ切(38cm×54cm程度)に限る。高校生は30号以下(F:91cm×72.7cm P:91cm×65.2cm M:91cm×60.6cm S:91cm×91cm)。(キャンパスの場合は、3cm以内の仮縁をつけること。ガラスの使用は不可。アクリルは可。)

2書写・書道の部

  1. 毛筆のみとする。縦書きのものに限る。書体は自由。ただし、草書・隷書については、判読を容易にするため、別紙にて楷書の説明をつけること。また、臨書については出典を作品カードに明記すること。
  2. 題材 … 自由
  3. 用紙 …
    半紙及び半切とする。半切は仮巻きにつけること。
    (注意)仮表装・本表装・額・枠張りは認めない。(明らかに仮表装・本表装と認められる作品は、審査の対象外になる可能性があります。)

3注意事項

  1. 作品は未発表のものに限る。(他展で表彰を受けたものを除く)
  2. 出品点数1人各部門1点とする。(合作は不可)
  3. 油絵は必ず乾燥させてから出品すること。
  4. 書写・書道作品の表側は、学年・氏名のみを記するものとする。
  5. 作品の裏側に別途様式による作品カードを貼付すること。(絵画は裏面右下に貼付。半紙・半切は裏面右上に貼付。)
    作品カード様式 ( 【書写・書道】/ 【絵画】/ 【出品目録】)
  6. 出品校(者)においては、出品状況を把握の上、出品目録を必ず添付すること。
    出品目録は、下記様式に従い、A4縦型で作成のこと。(絵画・書写書道 別々に作成のこと)また、欠番のないように注意すること。
    出品目録様式
  7. 出品料は無料。出品及び返送の料金は出品校(者)の負担とする。
  8. 作品は入賞作品展示後に返却する。返金料金は出品者の着払いとする。返却方法については出品目録に記入してください。
  9. 不可抗力により作品が損傷した場合、事務局は責任を負いかねます。
  10. 募集要項は下記からダウンロードできます。

4締め切り

令和3年9月30日(木曜日)必着

5送付先・問い合わせ等

事務局:
〒878-8555 大分県竹田市大字会々1650番地
竹田市教育委員会生涯学習課(電話:0974-63-4817)

  1. 都合によっては、毎日新聞社大分支局(大分市都町1丁目1-23)に送付することもできる。
  2. 新聞社経由の場合、出品目録にその旨を記載の上、目録は先に事務局宛に送付すること。

6審査員

【絵画の部】

  • 山崎哲一郎
  • 高木 悦子
  • 林 淳一郎
  • 佐藤 英司
  • 秋好 稔弘

【書写・書道の部】

  • 戸口 勝山
  • 樋口 紫水
  • 児玉 韜光
  • 柗嵜 六郷
  • 佐藤 宵星

7入選発表

作品送付元に直接通知するほか、10月下旬頃の毎日新聞紙上で特賞者の発表をします。
(注意)本美術祭に応募された方の個人情報は主催者からの案内資料送付、本美術祭の連絡以外には利用いたしません。
来年もご応募いただけますように出品元にご案内する予定ですが、不要な場合は事務局までお申し出ください。

主催・共催・後援

主催

竹田市/竹田市教育委員会

共催

大分県/大分県教育委員会/(一財)田能村竹田顕彰会/竹田市美術協会/竹田市造形教育研究会/竹田書写教育研究会/毎日新聞社

後援

文部科学省/大分県美術協会/大分県造形教育研究会/大分県書写書道教育研究協議会/大分県書美術振興会/竹田教育振興協議会/朝倉文夫奨学会/竹田市文化連盟/竹田商工会議所/特定非営利活動法人竹田市観光ツーリズム協会/エフエム大分/NHK大分放送局/九州アルプス商工会/竹田ライオンズクラブ/竹田ロータリークラブ

左側に山と、そのふもとに集落、右側に2艘の船が描かれた田能村竹田の絵画作品

募集・入賞について

募集対象

西日本(近畿以西)各地の小学生・中学生・高校生の絵画・書写書道作品

特賞作品(54点)展示

令和3年10月27日(水曜日)~11月4日(木曜日)
場所:竹田市総合文化ホール(竹田市大字玉来1-1 電話0974-63-4837)

選奨

特賞文部科学大臣賞ほか53点、特選・入選

  1. 選奨は応募総数の20%程度で選奨数上限1,000点程度とする。
  2. 特賞者には盾・賞状・賞品を、特選者には賞状・賞品を、入選者には賞状をそれぞれ授与する。
  3. すべての出品作品は展示終了後に返却する。

表彰式

日時:令和3年11月3日(水曜日・文化の日)
場所:竹田市総合文化ホール(電話0974-63-4837)

この記事に関するお問い合わせ先

竹田市教育委員会生涯学習課

〒878-8555
大分県竹田市大字会々1650番地
電話:0974-63-1111(内線342・343)

お問い合わせはこちら