竹田市公共施設等総合管理計画

更新日:2021年04月01日

竹田市公共施設等総合管理計画を策定しました

近年、高度経済成長期に一斉に整備された公共施設やインフラの老朽化・適正なメンテナンスが社会問題となっています。一方で人口減少、少子高齢化など社会情勢が変化する中、老朽化する公共施設やインフラの更新費用を充分に確保することが全国的に困難な状況です。

本市における公共施設も同様で、施設の老朽化が顕在化しており、近い将来、これらの大規模修繕や更新等が必要となり、多額の維持管理費用が発生すると見込まれています。加えて、旧1市3町が合併する以前から、それぞれの市町で保有していた施設を引き継いで使用していることから、同じ時期に建設した類似施設が多数存在している状況にあります。

今後の人口減少・高齢化の進行は避けられない見通しであるため、単に財政負担を軽減するだけでなく、公共施設の整備目的に照らし合わせながら、施設として十分な機能を保持しているか、利活用の状況、行政サービスの質の維持等の観点などをしっかりと検証したうえで、効果的な配置を検討していく必要があります。

こうしたことから、本計画は本市が保有する公共施設等全般の維持管理を網羅的に取組み、持続可能な運営・管理を行っていくうえでの今後40年間の総合的な管理の指針とするものとして、「竹田市公共施設等総合管理計画」を策定しました。

この記事に関するお問い合わせ先

竹田市財政課 市有財産経営管理室

〒878-8555
大分県竹田市大字会々1650番地
電話:0974-63-1111(内線 233)

お問い合わせはこちら