竹田市歴史的風致維持向上計画

更新日:2021年08月11日

竹田市歴史的風致維持向上計画の認定について

竹田市では、地域固有の歴史・文化・自然、そしてそれらが織りなす歴史的風致を維持向上させ、歴史的風致を活かしたまちづくりを進めることを目的として、平成20年11月4日に施行された「地域における歴史的風致の維持及び向上に関する法律」(通称:歴史まちづくり法)に基づく「竹田市歴史的風致維持向上計画」を策定しました。
策定した計画は、平成26年4月30日に国(文部科学省、農林水産省、国土交通省)へ認定申請を行い、平成26年6月23日に認定を受けました。
これまでに全国の44市町が認定を受けており、今回、添田町(福岡県)とともに認定を受け、全国での認定数は46市町となり、大分県内では初の認定となります。

右側に立っている坂井国土交通省政務官と向かい合って左側に立ち、認定証を受け取っている首藤竹田市長の写真

坂井国土交通省政務官より認定証を受け取る首藤竹田市長

認定証を持っている首藤竹田市長:右と寺西添田町長:左、中央に立っている坂井国土交通省政務官の写真

認定証授与式後の記念撮影(首藤竹田市長:右と寺西添田町長:左と坂井国土交通省政務官)

歴史的風致とは

歴史的風致とは、歴史まちづくり法第1条において「地域固有の歴史・伝統を反映した人々の活動と、その活動が行われる歴史上価値の高い建造物及びその周辺の市街地とが一体となって形成してきた良好な市街地環境」と定義されています。

竹田市歴史的風致維持向上計画の概要

計画期間

平成26年度から令和5年度(10年間)

竹田市の維持向上すべき歴史的風致

  • 城下町の夏越祭にみる歴史的風致
  • 西宮神社の八朔祭にみる歴史的風致
  • 岡神社の善神王様祭にみる歴史的風致
  • 神明社の大祭にみる歴史的風致
  • 城下町の恵比寿講にみる歴史的風致
  • 旧竹田荘と豊後南画の祖田能村竹田の顕彰活動にみる歴史的風致
  • 久住高原の野焼きにみる歴史的風致
  • 久住神社の久住夏越祭にみる歴史的風致
  • 宮処野神社の神保会行事にみる歴史的風致
  • 長湯温泉の温泉供養にみる歴史的風致
  • 農業水利施設の維持にみる歴史的風致

重点区域

名称 城下町地域
面積 540ヘクタール

竹田市歴史的風致維持向上計画 ≪ダウンロード≫

一括版

分割版

概要版

竹田市歴史的風致維持向上計画の進行管理・評価について

竹田市歴史的風致維持向上計画の進行状況と、事業の効果を公表しています。

竹田市歴史的風致維持向上計画の中間評価/最終評価について

中間評価と最終評価を実施し、計画の達成状況や波及効果についての評価と、歴史・文化・景観等の観点から適切な整備かなど外部有識者等による評価を公表しています。

この記事に関するお問い合わせ先

竹田市教育委員会まちづくり文化財課

〒878-8555
大分県竹田市大字会々1650番地
電話:0974-63-1111(内線321・322)

お問い合わせはこちら